204: Mii 2018/09/29(土) 20:32:52 ID:qcpS.xR6

クッパ「そ、それで、今回の場合、規定枚数は何枚なのだ?
10枚か?20枚か?」

マリオ(聞いちゃだめだ聞いちゃだめだ聞いちゃだめだ)

ブロタロウ「241枚です」

クッパ「」

ロゼッタ「」ガーン

 

205: Mii 2018/09/29(土) 20:47:27 ID:qcpS.xR6

ガシッ

クッパ「!?」

ピーチ「うふ、ふふふふ、ふふふふふ。ねえ、クッパ?」

クッパ「はい、なんでせうか」

ピーチ「ちょっと、クッパシップ借りていい?いまからとんぼ返りでキノコ王国に引き返して、
あなたの誕生日ケーキを作っておいてあげるから。
あ、ロゼッタもこれ以上ゴタゴタに巻き込まれないよう、一度連れていくわね」ニコッ

クッパ「は、はい。思う存分使い倒してやってください」ビクビク

ピーチ「そして、マリオ、ルイージ、ヨッシー、クッパ。あなたたちは…」

マリオ「お、おう」

ピーチ「1週間…いえ、3日以内にパワースター241個集めた報告をしなさい!
約束破った場合は二度とケーキ作ってあげないし食べさせないから!」

クッパ「はあああ!?あまりにもひどいのだ!唐突にやりなさいと言われても限度がある!」

ルイージ「僕たちに至っては巻き添えなんだけど!?」

 

206: Mii 2018/09/29(土) 20:49:23 ID:qcpS.xR6

ピーチ「やれ」ギロッ

クッパルイージ「「やらせていただきます」」

マリオ「やれやれ…」

ヨッシー「ケーキぃ…」

ロゼッタ「ノリについて行けません…」

チコ「ついて行かなくて全然いいと思うよ」

 

207: Mii 2018/09/29(土) 20:58:43 ID:qcpS.xR6

クッパ「という訳でぇ!

これより、パワースター回収作戦を開始する!
1人あたりのノルマは60個程度となっている!

なあに、クッパシップはまだまだある、物量攻めで行けば楽勝だ!
ワガハイに任せておけ、とカッコよく宣言しておきたいところだが、
諸君らのプライドを保たせてやる上でもやめておいてやろう!

ともかく諸君!後れを取らぬように!」バン!

マリオ「はい、指揮官。ステージには個人あるいは数人のグループ単位でしか突入できません。
あんな馬鹿デカい船ごとなんて夢のまた夢であります」ビシッ

クッパ「そそそそそんなことは分かっておるわ!ジョークだジョーク!」

ルイージ「あわわわ、僕まったく、そんなにスピーディに回収していける自信がないよぉ」

ヨッシー「そんな、いまから弱気じゃいけませんよルイージさん」

 

208: Mii 2018/09/29(土) 21:09:21 ID:qcpS.xR6

マリオ「あと、1人当たり60個と言ってたな。ちょっと修正していいか?
2人あたり大体120個、ということにしておこう。俺とクッパ、ルイージとヨッシーで固定ペアを組む」

クッパ「なに?どういうことだ?」

マリオ「なに、ジャンプ力はあるが防御力が心配なルイージと、死角を補うサポートに長けるヨッシーを組ませたい。
それだけだ。一方のこちらは、2人がそれぞれスター先で独立して暴れ回るって感じだな」

ヨッシー「わかりました。ルイージさんのお守りはまかせてください」

ルイージ「お守りってのは言いすぎだって!でもヨッシーが居れば心強いよ、よろしく!」

マリオ「そして、今は緊急時だからな。
旅行バッグに詰め込んできたもの、惜しみなく配らせてもらう」

ルイージ「うん!」

ヨッシー「ありがとうございます!」

クッパ「おいおい…」

マリオ「……じゃ、頑張るとしますか!」

 

210: Mii 2018/10/02(火) 20:45:25 ID:uK3hRn5.

~空島ギャラクシー~

マリオ「よしクッパ、スターの力とやらで巨大化してくれ」

クッパ「いいだろう…ふんっ!」

グググググ…!!

マリオ「うはっ、便利だなー。で、俺もきょだいキノコで巨大化っと」グイーン

クッパ「で、どうするのだ?」

巨大マリオ「ルイージとヨッシーにはもう伝えてあるが…
俺たちのペアは『水平特化ペア』、あっちのぺアは『垂直特化ペア』だ」

クッパ「はあ?」

 

211: Mii 2018/10/02(火) 20:49:35 ID:uK3hRn5.

巨大マリオ「すぐに意味がわかるさ。おれはこっちにありそうなパワースターを超スピードで取りに行く。
…クッパはあっちね」クイッ

クッパ「え?その作戦、巨大化する必要…あったか?巨体になったぶん、動きはもっさりになるんだぞ?」

チッチッチ

巨大マリオ「その体の方が障害物を吹っ飛ばしやすいだろ?
それに言ったじゃないか。1人あたり60個じゃなくて、2人あたり120個って」

クッパ「だから、どう取りに行くのだと聞いている!」

巨大マリオ「だーかーらー…」ガシッ

クッパ「……え、ちょ」

巨大マリオ「スターリングを逐一っ!探すなんてっ!かったるくてやってられない、から!
こうやって!お前をまず!遠方の!スターのポイントまで!
ジャイアントスイングでとばすんだよぉ!」ブオオォ!!

クッパ「ぎゃあああああああぁぁぁぁぁぁーーーーー…」キラーン

 

212: Mii 2018/10/02(火) 20:52:47 ID:uK3hRn5.

巨大マリオ「ふう…お次は、俺だな!」

パパパパパパーン!

マントマリオ「じゃあひとっ飛びするか。…よし、押しのける空気くらいはあるな!」フワー

マントマリオ「はーやーいーぜー!!」ビュゥゥ!!

マネック「マ、マッテ…」ゼェゼェ

 

213: Mii 2018/10/02(火) 20:54:27 ID:uK3hRn5.

ディノパックンJr.(くっくっく、誰か来ないかなぁ。卵を少しでも叩いたら、たちまち卵ひび割れて、オレっちドドーンと登場!
驚き固まる奴らを一飲みなのさ、ああ楽しみだなぁー♪)

クッパ「ぐわあああああああ!…おおおおおお、ちょうどいい所に足場がある!
ええい、着地だ着地!ボディプレースッ!!」

ディノパックンJr.(よっしゃ、卵の殻に待望のひびがでk)

ドッズーーーーゥン!!!……プチッ。

クッパ「ふう、ようやく止まったか。
…お、おおおお!パワースターが落ちているのだ、これはラッキー!
やはり日頃の行いがよいということだな!」

 

214: Mii 2018/10/02(火) 20:56:37 ID:uK3hRn5.

~ヨースターギャラクシー~

看板「ヨッシーに乗り続けながらⒶを押し続ければふんばりジャンプ!」

ルイージ「Ⓐボタンって…なんだろう?」

ヨッシー「なんでしょうね?まあ、そんなことは気にせず…」パクッ

看板「いつもよりちょっと高く跳べて便r…」

ヨッシー「青コウラ咥えて羽根ヨッシィー!!」ブワーーー!!

ルイージ「消化しそうになったら一度吐き出して即回収。
実質無限飛びできるよね、ほんと便利だよねー」

看板「」

フラワーマーク「」

 

215: Mii 2018/10/02(火) 20:57:58 ID:uK3hRn5.

~ほりほり鉱山ギャラクシー~

マネック「「「ギャアア!アイツニ アタルト メッチャイタイ!ニゲロォー!」」」

マリオ「なんか雑音が聞こえるなあ…まあいっか。
USAで鍛えたボーリングスキルなめんなやぁー!!」ザクッザクッザクッ

ドリル「」

【クッパは逆方向へ飛ばされている】

 

216: Mii 2018/10/02(火) 21:00:36 ID:uK3hRn5.

~もくもくけいこくギャラクシー~

――オマエ 雲 のれるカ?

ルイージ「ヨッシーが飛べるし、別に雲ルイージ?になる必要ないよね」

ヨッシー「3つまで雲の床が作れるだけとか…で?っていう」ハン

雲フラワー「」

マネック「「「オオッ コイツハ ヨワソウダ!フクロダタキ!」」」ダッ

ルイージ「ぎゃああ、お化けぇ!こうなったらオバキュームゥ!!」ギュイーーーン

マネック「「「エッ アッ ソノッ マッテクダs」」」シュウウ・・・

ヨッシー「ああ、おいしそうだったのにぃ…」ガッカリ

 

217: Mii 2018/10/02(火) 21:03:57 ID:uK3hRn5.

マリオ「順調だな!」パワースター ゲット!

ルイージ「順調だね!」パワースター ゲット!

ヨッシー「順調ですね!」パワースター ゲット!

クッパ「…そりゃお前たちは順調だろうなコノヤロウっ!」パワースター ゲット!

 

218: Mii 2018/10/02(火) 21:06:58 ID:uK3hRn5.

~キノコ王国~

ワー、ワー!!

キノピオ「わーい、七夕祭りだ―!」

キノピオ「違うぜバーカ!100年に1度の星くず祭の開幕だって!
しかも姫様のお触れによると、今回は、期間がずっと延びて開催されるそうだぞ!
ほんと楽しみだな!」

キノピオ「…星くず祭って、ちょっと前にやらなかったっけ?」

キノピオ「1000年に7日間しか起きない設定のくせに、しょっちゅう現れる幻ポ○モンとかもいるから、
細かいことは気にすんな!」

~キノコ城テラス~
ピーチ(ほうき星の支配人であるロゼッタが招かれている以上、星くず祭の意義的に、
期間を延ばすことになんにも問題ないわよね、うんうん、めでたいめでたい)シレッ

 

219: Mii 2018/10/02(火) 21:10:29 ID:uK3hRn5.

デイジー「びええええ、今度は記憶を失うなんて…!ロゼッタ可哀想すぎるよ…!
グズッ、わたし、デイジーっていうの。よろしく…ね」ボロボロ

ロゼッタ「ロゼッタです。…きっと、本当はとても良い親友関係だったと推測します。
本当に…本当に…ごめんなさい」シュン

デイジー「…!いいっていいって!絶対なんとかしてみせるから!」ニコッ

ピーチ「とりあえず、私はカメックたちとケーキ作りの打合せに行くけど…2人はどうする?
付いてくる、それとも休んでおく?もちろん、星くず祭を楽しんできてもいいわよ?
まあ、いずれの選択肢も、私かデイジーの少なくとも1人はロゼッタの傍にいることが前提になるけど」

デイジー「うーん、ケーキ作りは手伝える腕前ないけど…最初の打合せくらいは、よかったら聴いておきたいかな。
ピーチがどんな誕生日ケーキを作るのか興味があるし。ロゼッタもそれでいいかな?」

ロゼッタ「はい、全然問題ありません。こちらからお願いしたいくらいです。よろしくお願いしますね」

 

220: Mii 2018/10/02(火) 21:12:59 ID:uK3hRn5.

カメック「え?今、なんと?」

ピーチ「だからー。あなたたち、まさか…

『キノコ王国あるいはクッパ城に備え付けのキッチンで作ればいいや』

とか考えていないわよねー?」

カメック「…それで、よろしいのでは?」

ピーチ(フゥー)

バンッ!

ピーチ「甘い!甘すぎる!砂糖で埋もれて原型を留めていないケーキより甘いわ!
いーい?クッパは、『スーパーサイズの誕生日ケーキを作ってくれ』と言ったのよ!
自分の上司を軽く見てるんじゃないの?」

カメック「で、ですから。ウエディングケーキくらいの大きさがあれば十分d」

ピーチ「聞いて呆れるわね…それでもクッパの側近?」

カメック「ムカッ。どういうことです!」

 

221: Mii 2018/10/02(火) 21:16:04 ID:uK3hRn5.

ピーチ「フリップを用意したわ。実際にご覧ください」サッ

カメック「…これは、NEWスーパーマリオブラザーズWiiの一幕ではないですか」

ピーチ「ご名答。このときクッパは、私の誕生日にケーキを送り込んできた。
それも、1段当たりの高さがコクッパ7人衆を上回るほどのケーキを用意して見せたわ。
…誰が作ったのかは知らないけれど。

そして、それが『あのケーキ、すごく大きかっただろう!ガッハッハ』みたいに特に取り沙汰されることはなかった。

つまり、クッパの認識だと、身長の2倍分くらいのケーキは『ビッグサイズ』の範疇に入らないのよ」

カメック「そのりくつはおかしい…あれ、おかしくない?」

カメック「ま、まさか…」

カメック「な、なんだってー!」

 

222: Mii 2018/10/02(火) 21:18:07 ID:uK3hRn5.

カメック「で、では10メートルくらいのケーキをこしらえることに致しましょうか。
さすがにこれなら、クッパ様も満足して…」

ピーチ「ふぅ、あなたたち、なーんにもわかってないわね。

クッパはわざわざ、『巨大化した状態で』ビッグサイズのケーキをご所望したのよ?
巨大化状態を基準として考えなきゃ話にならないでしょ!」

カメック「「「えっ」」」

ピーチ「わたしなりに軽く計算した結果…クッパを満足させるのに必要な大きさは…

ざっと、高さ100メートル!!」バーン!!

カメック「「「な、なんだってぇーーーーーーーーーー!!」」」

デイジー「」

ロゼッタ「」

 

223: Mii 2018/10/02(火) 21:21:33 ID:uK3hRn5.

カメック「そ、そんな大きさのケーキ、作れるわけがありません!」

ピーチ「心配ご無用。帰還途中にちょっと図面解説に起こしてきたから。みんな、よく眺めるように」

カメック「……クッパ城前に、我々カメック部隊で専用の巨大キッチンを…作成?」ゲッ

カメック「……ピーチ姫が巨大化状態で混合、撹拌、運搬できる特殊器具・設備・操作盤の設置?」ヒキッ

カメック「……横幅80メートル、高さ10メートル、全長1キロメートルのベルトコンベア付き超巨大多段式連続焼成レーン?」マッサオ

ピーチ「本当は全体を一気に焼けたらよかったんだけど、さすがに温度ムラが避けられないから。
とりあえず、厚さ1メートルを限界として、90段分のスポンジをせっせと焼きまくるのよ。

あとで、更にスライスして何百枚となったスポンジ間にクリームやフルーツを散りばめつつ、
大型クレーンで慎重に慎重に積み重ねていって100mにするわ」

ロゼッタ「」バタリ

デイジー「あ、ロゼッタが泡吹いて倒れた」

 

224: Mii 2018/10/02(火) 21:24:15 ID:uK3hRn5.

デイジー「……じ、自重で潰れちゃうから、これ幸いと、見えない内側部分を土台で稼ぐってのは?」

ピーチ「そんな手抜きしなくても、固定化の魔法を私かカメックが掛けるわよ」

デイジー「ざ、材料がぜんぜん集まらないんじゃない?」

トゥルルルル
ピーチ「あ、キノじい?そう、ピーチよ。実はお願いがあって…
卵と牛乳と砂糖とバターと小麦粉と洋酒とチョコレートと、あとフルーツなんでも。流通近況どうなってたかしら?
…オール過剰で値崩れ気味?よろしい。

各生産者に、『昨年度の出荷量の1.1倍よりも過剰に抱える分について、
キノコ城のクッパシップ停留所に持ってきた全量を王国が適正価格で買い取る』というお触れを今から1時間以内に出しなさい。
順次クッパ城に向けて送るから。いいわね?」ピッ

ピーチ「というわけで、材料の問題も解決したわ」

ロゼッタ「強引すぎますっ!?」

デイジー(…あれ?聞くところによると材料費って折半じゃなかったっけ…)

 

225: Mii 2018/10/02(火) 21:36:59 ID:uK3hRn5.

ピーチ「それではカメック部隊!各部の製作を今日、明日中に終わらせてね!
それ以降は私だけ戦地に飛び込むわけだから…無理とは言わせないわよ?
ああ、腕が鳴るわぁ…」フフフ

カメック「」

カメック「」

カメック「――――うおおおおおおおおおおお、こうなりゃヤケだぁ!
我らカメック部隊の本領発揮といこうではないか、明日と言わず今日中に、
キッチンの完成品をピーチ姫にまざまざと見せ付けてやるのだ!」メラメラメラメラ

カメック「うおおおおおおおお!その通りだぁー!」ダダダダ

カメック「クッパ様ばんざーい!!!!」ダダダダダ

ピーチ「用は済んだことだし…じゃあ、帰りましょ」ラン ララン

デイジー「せ、せやな」

ロゼッタ「」ボウゼン

 

226: Mii 2018/10/04(木) 21:36:23 ID:K0epO.mA

~キノコ城 城下~
星くず祭の 真っ最中!!

デイジー「ピーチったら『念のため図面チェックに入るから私お留守番ね』だなんて…
つまんないのー。ちょっとは付き合いなさいよ」ブツブツ

ロゼッタ「ピーチ姫が現れては城下も大騒ぎになってお祭りどころではなくなってしまうでしょうし、
仕方がないのでしょうか…。せっかくのご厚意ですし、私たちは楽しむことに致しましょう」

デイジー「……今さら、マリオカート騒動でロゼッタを嫌ってる人がイチャモン付けてきたりしないでしょうね(小声)」ミワタシ

ロゼッタ「はい?」

デイジー「あー、何でもない何でもない。じゃあ、そうしよっか!適当に見て回ろ!資金は大量にもらってきたし!」

ロゼッタ「はい!ほうき星とは逆の立場から接近イベントを知り得ることはこれまでなかったので…
実は、期待に胸が膨らんでいます!」ワクワク

デイジー「あはは、今のロゼッタの記憶の中じゃ、最近の接近イベントと言ったら100年近く前の話なんだよねぇ。スケール大きいなあ」

 

227: Mii 2018/10/04(木) 21:39:32 ID:K0epO.mA

焼きそば屋「いらっしゃい、やきそばだよー!スターピース5個付きで、お値段なんとたったの10コイン!
18コインなら焼きそば・スターピースともに倍増しするよー!」

リンゴ飴屋「リンゴ飴作り続けて15年!培ってきた技術使って、見てくれよこの、精巧な星型の飴を!
そんじょそこらの陶芸師にも負けない芸術性!これが、たったの15コインで貴方の手に!
……え?リンゴ飴売ってないのかって?いいじゃねえかそんなこと、味はしっかりリンゴだぜ!」

かき氷屋「ウチのかき氷は、天然氷を切り出してその日のうちに使い切る超限定物さ!
細かすぎず粗すぎず、心地よい冷たさ・口溶けと、自然の甘さを提供するよ!
蜜はドドンと、迷ってしまう64種類!蜜の追加は1コインだから気軽に申し出てね!」

ロゼッタ「わあ…すごい活気と行列ですね」

デイジー「うんうん!どれもこれも、みんなおいしそう!」

 

228: Mii 2018/10/04(木) 21:42:00 ID:K0epO.mA

デイジー「そうだなぁ…おじさん、すいませーん!リンゴ味の星型の飴くださーい!はい、15コイン」

リンゴ飴屋「はい、毎度」ズイッ

デイジー「…あっまーい!でもなぜだかしつこくない甘さでいつまでも舐めていられそうね!
…ねえねえ、ロゼッタも何か食べてみない?」

ロゼッタ「……うう、すいません。なんだか、ボリュームを見ているだけでお腹いっぱいになってきて…」ゲプッ

デイジー「えー?そんなに量あるかなあ…ペロッと。じゃあ、飲食系はやめて遊戯系にしようか」テクテク

くじ屋「外れ無しのくじだよ、1等はなんと!シャインとパワースターのセットだよ!」

ロゼッタ「!?」

デイジー「どうどう、落ち着いてロゼッタ、あれレプリカ」

 

229: Mii 2018/10/04(木) 21:45:14 ID:K0epO.mA

ロゼッタ「あら、これは一体、何ですか?」ハテ

射的屋「おう、別嬪さん2人ね。ここはいわゆる、射的屋だ。
そこの線の位置から、自分が持ってるスターピースを景品に向かって投げつけてくれ。
景品を奥に落としたら、お嬢さんたちのものになるってわけさ。

ただし、横や前に倒しても無効。
あと、挑戦にお代は要らないが、投げた分のスターピースはこの屋台のモンになる。
ああ、それと。屋台荒らしを防ぐため、景品を1個手に入れた人は今回の祭の中で再挑戦できない。

…ルールは以上だな」

デイジー「へえ、ロゼッタやってみる?…あ、でもスターピース持ってたっけ?」

ポワワワーン…ドサッ…

ロゼッタ「チコのおやつ用に、100個ほど異次元空間に常備してあります」ドヤァ

デイジー「…杖があるだけでロゼッタ活き活きしてるなあ」

ロゼッタ「それでは…面白そうなので、やってみたいと思います」サッ

 

230: Mii 2018/10/04(木) 21:48:08 ID:K0epO.mA

ロゼッタ「」ズーン

射的屋「それじゃ、スターピースは貰っとくぜ、ありがとさん!大漁大漁!!」ホクホク

デイジー(信じられないくらい…すさまじくノーコンだった!?
あれれー?ほうき星の主だよね!?スターピースの使いこなしスキルがそれでいいの!?)アングリ

デイジー(…いや、そもそもからして、まぐれ当たりしたスターピースにしても、後ろに倒すだけの勢いが全然ないよ!
もしかしてロゼッタ、体つきの割に、凄まじい運動音痴!?)

ロゼッタ「」ズーン

デイジー(そういや、マリオカートの時も…どうもバナナや甲羅を投げる力が弱弱しかったな…。
追尾を勝手に行う赤甲羅はともかくとして、緑甲羅を投げるときとか、
前のカートに引き離される始末だったもんね…あの時は単に運転しながらの投擲に
慣れてないからと思ってたけど…)

ロゼッタ「…なんだか、自分にイライラしてきました。スターピースが…」

デイジー「あわわわ!考え込み過ぎだって!さあさあ、忘れて次に行きましょ!」サササッ

 

231: Mii 2018/10/04(木) 21:50:45 ID:K0epO.mA

テクテク

ロゼッタ「…あら?」

女の子「つまんないつまんない、つーまーんーなーいー!!」ジタバタ

ロゼッタ(10歳にも満たないでしょうか…女の子が1人、遊歩道の段差に腰掛けて、愚図っています。
恰好こそ、お面にフランクフルトに水風船に、とあちこちの出し物を手にしている状態。
ですが、いかにも、退屈極まりない、という顔をしています)

デイジー「ロゼッタ、あの子が気になるの?お人よしだなあ。せっかくだから声かけてみよっか。
それじゃあ…おーい、そこのあなたー。不満タラタラな顔をしてどうしたのー?」

 

232: Mii 2018/10/04(木) 21:52:41 ID:K0epO.mA

女の子「…?おねーさんたち、誰?」パチクリ

デイジー「通りすがりの、ただの観光客よ。それよりもあなた、お祭りを満喫しているように見えるけど?
何がそんなにつまらないって言うの?」

女の子「パパが屋台にかかりっきりで、ぜんぜんあそんでくれないの!
おこづかいだけ、ポンとわたされて『回ってきていいぞ』とか言うけど、
一人で回ったって、つまんないの!」

デイジー「…あちゃー、商売に夢中過ぎてパパから放置されちゃったか。ママはどうしたの?」

女の子「………………………………ママ、いないもん。
わたしが小さい時に、病気で死んじゃったんだって」

ロゼッタ「…!!」

 

233: Mii 2018/10/04(木) 21:57:54 ID:K0epO.mA

デイジー「え、あ、ごめんなさい!」ペコッ

女の子「ううん、いいよ…でも、こういうにぎやかな所に来ると、他の人はいいなーって思うの。
だって、パパかママの片っぽが働いている間だって、
もう片っぽは一緒におしゃべりしたり遊んだりしてくれるでしょ?

パパはママのびょうきを最後までなおそうとがんばって、いっぱい借金しちゃったの。
お金をかせげている間はパパもうれしそうだから、お祭りはすきなの。
…でも、自分が楽しむぶんには…あんまり、すきじゃないの」ショボン

ロゼッタ「……」

ロゼッタ「……」

ロゼッタ「あの、提案なのですが。私があなたのママになるというのはどうでしょうか」

デイジー「ちょっ!?」

 

234: Mii 2018/10/04(木) 22:00:17 ID:K0epO.mA

女の子「…?どういう意味?パパとけっこんするってこと?」

ロゼッタ「あ、そ、そういう意味ではなくてですね。私も、星くず祭の間は
このあたりで生活していると思うのですが…その間だけでも、
あなたのママ代わりになって、おしゃべりしたり遊んだりしてあげられたらな、と」

ガバッ

女の子「ほんとに!?いっしょに屋台回ってくれる!?」

ロゼッタ「ええ」

女の子「それにあきたら、いっしょに公園であそんでくれる!?」

ロゼッタ「はい」ニコッ

デイジー「ちょちょちょちょっと待ったあ!ロゼッタ、あなたはやるべきこと、心配すべきことが
ワンサカあるでしょ!寝泊りは当然キノコ城だし!」

女の子「え、キノコ城!?…もしかして、え、偉い人なの?」アトズサリ

ロゼッタ「いえ全然」フッ

デイジー「おい」

 

235: Mii 2018/10/04(木) 22:02:17 ID:K0epO.mA

ロゼッタ「…とにかくですね、夜になったら一旦お別れしないといけませんが、
次の日になったらまた会えるということですよ。それだけで十分です」

サヤカ「わああぁーい!!わたし、サヤカっていうの!よろしくね!」ピョン ピョン

ロゼッタ「ロゼッタといいます。よろしくお願いしますね、サヤカ」

サヤカ「ママって呼んでいい!?」

ロゼッタ「ええ、いいわよ」ホホエミ

デイジー「うおぅ、お母さんになり切ってるし…お人よしすぎるんだから、もう…」ハァ

 

236: Mii 2018/10/04(木) 22:04:51 ID:K0epO.mA

~公園~
ロゼッタ「あらあら、サヤカったら、最初から屋台には飽きてしまっているの?」

サヤカ「屋台はまた明日から行けばいいもん!それよりもね、私、
ママがいたら…ずっとやってみたいなーって思ってたことがあるの!
とりあえず今日お別れする前に、やっておきたいなって!」

ロゼッタ「…やってみたいこと?」

サヤカ「うん!『キャッチピース』!あるていど離れたら、
まず、ママがスターピースを私に向かって投げて、私が落とさず受け取るの!
そしたら、今度は私が投げ返して、ママがキャッチするの!」

デイジー「あー、要するにキャッチボールのスターピース版ね。
まあ、スターピースだけ使って遊べる事って言ったら、そのくらいしかないか。
…ロゼッタ、大丈夫?あんまり(凄まじく)コントロールよくないけど…」

ロゼッタ「任せてください…じゃあサヤカ、いくわよー!」キリッ

ぽんっ

デイジー(飛距離…じゅ、十メートルくらい?いや、8メートルくらいかな。
なんだかさっきよりは、距離も精度も格段に上がってる。なんでだろう?
気持ちをパワーに乗っけてる、とか?まさかねぇ。
…まあ、体格にしてはしょっぱいのは変わらないけど…)

 

237: Mii 2018/10/04(木) 22:08:40 ID:K0epO.mA

サヤカ「じゃあ、今度はわたしのばんー!」

ぼすっ…テン テン テン。

サヤカ「ちょっとママ、そのくらい落とさないで捕ってよー!」

ロゼッタ「そ、そうね、失敗しちゃった」

デイジー「…………む」

サヤカ「あのー、あんまり言いたくないんだけど、ママってスポーツ苦手?」

ロゼッタ「そ、そんなことないわよ?現にほら、サヤカよりスターピースを遠くに投げられてるじゃないの」

サヤカ「そうかなあ…」

ロゼッタ「それにほら、受け止めるときの音の大きさが違うじゃないの。…ですよね、デイジー姫」

デイジー「あー……誠に残念だけど、ロゼッタ、あなた恐ろしいくらい大間違い。
サヤカちゃんの認識が圧倒的に正しいよ」

ロゼッタ「…え!?」

 

238: Mii 2018/10/04(木) 22:11:20 ID:K0epO.mA

デイジー「十何往復見てりゃ流石に分かったけどさ。
ロゼッタは我流で勢いよくスターピースを投げてるだけよ。

腕、腰、脚の動きがバラバラ、重心も不安定、全然『線』の動きができてない。
このままだといくら続けても成長しないんじゃないかなあ…厳しいようだけど」

ロゼッタ「」

デイジー「…サヤカちゃんには、正直驚いたよ。子供の体格のせいで見かけの飛距離こそないけど、
全身が連携で躍動して、ビシっとしなるバネの力を余すことなく、かつ力むことなくスターピースに伝えてる。
スタミナをほとんど浪費しないから、このまま百球以上投げ続けられるだろうね。
コントロールもかなりいい。…正しい形の反復練習で相当努力したんだろうね。

ロゼッタは、サヤカちゃん…いや娘に技術を教えてもらうべきだよ」

ロゼッタ「そんなに!?」

サヤカ「へっへーん」

デイジー(そーだよ、まさに名案じゃない?ママ役のためなら、ロゼッタのモチベーションにも繋がるし)

 

239: Mii 2018/10/04(木) 22:14:56 ID:K0epO.mA

オーイ サヤカー

サヤカ「あ、パパが呼んでる。今日の販売、終わったのかな?
ねえ、いっしょにきてよ、私の分は、のこしておいてくれてるはずだから!」グイグイ

ロゼッタ「え、残すって…何を?」

サヤカ父「いやあ、サヤカの母親代わりになってくれるなんて、感謝しても仕切れないですよ、
本当にありがとうございます。お祭り中は好きなだけ、食べてってくださいな」グズッ

ロゼッタ「……」ジーッ

クルクルクル…
サヤカ父「ほい!できたぞ!」

サヤカ「わーい!パパ、ありがとう!…おいしー!ぜっぴんだね!ママもどうぞ!」

 

240: Mii 2018/10/04(木) 22:16:48 ID:K0epO.mA

デイジー「にゃるほど、綿飴か。ベタつくのが難点だけど、これぞお祭りって感じがする逸品だよね!
…あ、それとも見るの初めてだったり?」

ロゼッタ「……」ジーッ

デイジー「あ、うん、聞くまでもない凝視振りだね。
不思議だよね、なんでこんな形状になるのかなぁ?原料は砂糖だけらしいよ?」

ロゼッタ「…ふむ。加熱してザラメを溶融させながら釜を高速回転させ、遠心力でザラメを吹き飛ばし、
非常に小さな孔を通して受け皿側に糸状の冷却ザラメを発生させているのですね。
単純明快な機構ながらよく考えられています」

デイジー「見ただけでわかったの!?」

ロゼッタ「私、スピン力学にはちょっとばかりウルサイんで」

デイジー「そういう問題かなあ…っていうかスピン力学って何さ…」

サヤカ「ねえママ、半分こ!はい!」サッ

ロゼッタ「ふふ、ありがとう。では、いただくわ」パクッ

ロゼッタ(素朴で…奥深い甘さが、芸術的な形状とともに、脳内を駆け巡り…)

 

241: Mii 2018/10/04(木) 22:19:27 ID:K0epO.mA

~キノコ城~

ピーチ「へえ、なるほどね。よかったわねロゼッタ、娘との団欒を楽しんだ上に、初めての綿飴を堪能できて。
星くず祭を満喫してもらえて、私、とってもうれしいわ」ニコッ

ロゼッタ「……はい」

ピーチ「で、ロゼッタは。綿飴は美味しく頂けるけど…
時間を割いて私が丹精込めて作って見せた料理は、一口も食べられないっていうんだ、へえー」ピキピキ

ロゼッタ「……」ダラダラ

デイジー「(パクッ)…悔しいけど完敗。美味しいよ、ほんと。
いくらお腹いっぱいだからって、これを食べたくないだなんて…どうかしてるよ、ロゼッタ」プンプン

ロゼッタ「も、申し訳ありません…でも限界で…」

 

242: Mii 2018/10/04(木) 22:23:48 ID:K0epO.mA

ピーチ「……なーんてね。食べられないものを、無理に食べてもらおうとは思ってないわよ、心配しないで。
…意外に小食なのかしら?食事風景みたことないから気付かなかったわ。次からは気を付けるわね?」

ロゼッタ「……はい」

ピーチ「それじゃ、デイジーがロゼッタの分も食べ終わったら、仲良くお風呂でも入りましょうか」

デイジー「ピーチは食べないの?働きづめはエネルギー持たないよ?」

ピーチ「フッ。間もなく、ケーキの味見をエンドレスですることになる私に、その必要があると思う?」

デイジー「あー、うん。ないね。こんなおいしい料理なら喜んで平らげるよ。
そして、お風呂待ってました!

ロゼッタ、ここの…というかピーチの浴場はすっごいんだよ!
100人は余裕で入るだろうっていうお風呂を、スイッチ一つでありとあらゆる種類に瞬時に切り替えられるの!
アロマ風呂、ワイン風呂、牛乳風呂に電気風呂、砂風呂に天然温泉!上がった時には気分サイコーよ!」

ロゼッタ「聞いているだけで圧倒されますね…」

ピーチ「最近、温度が物足りなくて高圧ルームの120℃熱湯風呂をバリエーションに加えてみたわ。入ってみる?」

デイジー「謹んでお断りいたします」

 

243: Mii 2018/10/04(木) 22:26:12 ID:K0epO.mA

~脱衣場~

キャイキャイ
ピーチ「……」ヌギッ

デイジー「…よしっ、まだ勝ってる」チラッ

ピーチ「」グサグサッ

デイジー「まーまーピーチさん。才能でいろいろ勝ってるんだから、
胸 の 大 き さ  くらい負けたっていいじゃないのー
そのうちいいこと あ る さ♪」トントン

ピーチ「……フフフ、オモシロイコトイウワネ、デイジー。ジョウトウジャナイノ」ユラァ

デイジー「ふふん、今度ばかりは負ける要素ないんだなあ、これが」ニヤニヤ

ピーチ「わかってない、わかってないわよデイジー。むしろ…今度ばかりは、あなたも…!
敗北者として名を連ねることになることを…!」ニタァ

デイジー「…あ、しまった。そういうことか。うわぁ…」クルリ

ロゼッタ「…え?え?ええ?」

 

244: Mii 2018/10/04(木) 22:28:14 ID:K0epO.mA

ピーチ「さあ脱げ。早く脱げ。いますぐ脱げ。
デイジーの高笑いをこの場から消し去っておやりなさい」

デイジー「自分に至っては目の光を失いかねないことを放置してまで私を苦しめようとするなんて、
ピーチ、なんて恐ろしい子…!でもまあ、なんでもいいや!ぬーげ!ぬーげ!」キャハハ!

ロゼッタ「えええええ!?そ、それは、急かされなくても脱衣所ですから脱ぎます、けど…。
言いようのない恥ずかしさがあるのですが…!」

スルリ

ロゼッタ「そ、その、あんまり見ないでください…」カアア

ピーチ「………………………」

デイジー「………………………………………あれ?」

 

245: Mii 2018/10/04(木) 22:30:08 ID:K0epO.mA

ロゼッタ「あ、あの、なんでしょう?」

ピーチ「…おかしいわね。確かに私より少し胸は大きいけど」

デイジー「『だいぶ』の間違いなんじゃないk」

ピーチ「フライパンの刑」ベゴンッ!

デイジー「」チーン

ピーチ「…おかしいわね。確かに私よりほんの少し胸は大きいけど…
デイジーと同じくらいというか…覚悟、じゃなかった、想定していたより小さいというか。
……………………いえ、ちょっと待ちなさい。違和感の原因に気付いたわ。

ロゼッタ、あなた、体の線、細すぎじゃない?体重、何kgくらい?」

 

246: Mii 2018/10/04(木) 22:31:14 ID:K0epO.mA

ロゼッタ「ええ!?そ、それは言わなければなりませんか!?」

ピーチ「言いなさい」

ロゼッタ「…………えっと、その。すごく恥ずかしくて、あまり知られたくないので…
特に男性陣には、絶対にばらさないでくださいね?」

ピーチ「わかってるわよ、口は堅いから!」フフ

ロゼッタ「その、実は……

64 kg、なんです…!」カアアアァァ

ピーチ「」

デイジー「なんだってぇ!?」ガバッ

 

247: Mii 2018/10/04(木) 22:34:55 ID:K0epO.mA

ピーチ「……ねえデイジー、あなたは何kgくらい?ロゼッタが64 kgなら、40 kgぐらい?」

デイジー「いやいやいや!どこのアイドルよ!体力、筋力付けまくらなきゃならないのに、
そんなヒョロッとしていいわけないじゃない!60 kg手前にコントロールしてるわよ!
だいたい、ピーチと同じくマリオカートWiiで『重さ補正のない(やや軽い)中量級』だったでしょ!?」

ピーチ「えーっと、確か…区分は…
重さ補正なし軽量級・・・40 kg未満
重さ補正 +1軽量級・・・40~45 kg
重さ補正 +2軽量級・・・45~50 kg
重さ補正 +3軽量級・・・50~55 kg

重さ補正なし中量級・・・55~60 kg
重さ補正 +1中量級・・・60~65 kg
重さ補正 +2中量級・・・65~70 kg

重さ補正なし重量級・・・70~85 kg
重さ補正 +1重量級・・・85~100 kg
重さ補正 +2重量級・・・100 kg以上
だったわね。

ロゼッタは確か…重さ補正なし重量級だから、70 kgはないとおかしいんだけど」

 

248: Mii 2018/10/04(木) 22:42:45 ID:K0epO.mA

ロゼッタ「70 kgだなんて…太り過ぎですよ!
風の噂で耳にしました、自制して体重を50 kg以下に抑えてこそ大人の女性なのだと。
だというのに、私は50 kgどころか60 kgも越えていて、悲しくなってくるのです…」グスン

デイジー「んなアホな。体格のこともちっとは考慮してあげなさいよ…
というか50 kgなら私たちだって余裕で越えてるって宣言したばっかりじゃない」

ロゼッタ「そ、そうなのですか?…ええっと。先ほどのものは、失われた記憶の間に挑戦したという、
マリオカートとやらの話、ですか?話に聞くには、チコを含めてその重さだったとかいう…」

ピーチ「…あ、そうか、そうだったわね。チコのこと忘れてたわ」

ロゼッタ「標準的なチコって、体重40 kgくらいありますからね」フフ

ピーチ「なるほど、それで」

ピーチ「…………………………………ちょっとまってけいさんがあわない」ブルブル

 

249: Mii 2018/10/04(木) 22:44:50 ID:K0epO.mA

デイジー「そこの体重計に乗れぇ!!」グイッ

ロゼッタ「きゃっ!?」

体重計「42.0 kgですね」

ピーチ「」

デイジー「」

ロゼッタ「…あれ?痩せてます、やった!」

ピーチ「(100年で更に痩せたってことなのね!)ロゼッタ、身長何cmよ!!」

ロゼッタ「え?えーっと、確か…205 cmくらいだったと思いますけど」

体重計「BMI 9.99ですね」

デイジー「痩せスギィ!!!」ガガーン

 

250: Mii 2018/10/04(木) 22:54:09 ID:K0epO.mA

ピーチ「どういう、ことなの…」フラフラ

デイジー「というか、どんな食生活送ってたらそんなことになるの!?」

ロゼッタ「え、食生活ですか?私の場合…まず、水」

デイジー「食生活を聞かれて最初に水って答える人、初めて見たよ…」

ピーチ「…奇遇ね、私もよ…」

ロゼッタ「水は大事ですよ?水がないと、紅茶も淹れられないんですよ?」

ピーチ「水が大事なのは知ってる。そして、
決して『紅茶が淹れられないから』って理由じゃないことも知ってるわ

ロゼッタ「あとは、ライ麦パンとミルク、ラズベリージャム、
そしてアプリコットの香りのする紅茶ですね」

デイジー「ふむふむ」

 

251: Mii 2018/10/04(木) 22:55:45 ID:K0epO.mA

ピーチ「ふうん…優雅ではあるけど、正直言うと、まるで栄養が足りてないわね。で、お昼ご飯は?」

ロゼッタ「はい?」

ピーチ「はい?って何よ」

ロゼッタ「今ので普段の1日の食事は全てですが…
たまにチコたちとパーティを開いて追加で星くずパンを食べる以外では」

ピーチ「」

デイジー「そりゃあ綿飴半分でお腹いっぱいになるよっ!」

ロゼッタ「ほ、星くずはミネラルが豊富なんですよ?」

デイジー「ビタミンは!?脂肪は!?炭水化物は!?」

 

252: Mii 2018/10/04(木) 23:01:03 ID:K0epO.mA

デイジー「ハーッ!ハーッ!信じられない!」

ピーチ「ちょっと頭を整理するわ。とりあえず…お風呂に、入りましょう、か…」

ロゼッタ「…は、はい」

ロゼッタ(チャポン、と静かに入った浴槽。デイジー姫が言う通り、素晴らしい心地でした。
全ての疲れが、汚れと共に洗い流されていくようです。
ただ…2人が深刻そうな顔で黙りこくるのが、少し気懸りでしたが。

…訂正。2人がブツブツ何かを呟いているのが、かなり気懸りでしたが)

 

253: Mii 2018/10/04(木) 23:13:18 ID:K0epO.mA

~ベッドルーム~

ピーチ「とりあえずロゼッタ、今のロゼッタの体、おかしいわ。おかしすぎる。
普通の人の体は、そんな栄養失調状態じゃまともに動けないもの」

ロゼッタ「で、ですが私は」

ピーチ「うん、能力が高いわけではないけど、割と普通に動いているわよね。
で、ちょっと試したいことがあるの。――そこのベッドに寝転んでくれるかしら?」

ロゼッタ「……?別に構いませんが…」ゴロン

ガチャッ

デイジー「ほい、持ってきたよピーチ。今更、1UPキノコなんて何に使うの?
それも、こんなにたくさん」ドサッ

ピーチ「ちょっと、ね。デイジー、今からちょっと実験をするから、
ロゼッタが死にそうになったら1UPキノコが尽きるまで
与え続けてちょうだい。いい?」

ロゼッタ「ええ!?実験!?死にかける!?どういうことですか!?」

 

254: Mii 2018/10/04(木) 23:15:31 ID:K0epO.mA

デイジー「なんかよくわからないけど、ピーチが言うんなら何か理由があるんだよね、わかった。
油断せずスタンバイしておくね」スッ・・・

ロゼッタ(ピーチ姫は不吉な言葉を口にした後…何かに、誰かに、祈りを捧げ始めました…
1分ほど経ったでしょうか。すると、ピーチ姫の頭上を星々が輝きながら旋回し出し…!!)

 

255: Mii 2018/10/04(木) 23:20:48 ID:K0epO.mA

ピーチ「天空にて世界を守りし星の精たちよ、
どうかその強大なる力と、万人との絆を以て
神器の衣を砕き給え…!」

パアアアアアアアアア!!!!

ピーチ「……『ピーチフラッシュ』っ!!!!」カッ――!!!

ロゼッタ(私の体が、一条の明るすぎる光に、包まれました)

 

256: Mii 2018/10/04(木) 23:31:56 ID:K0epO.mA

デイジー「な、なに?なにが起こったの!?」

チョール「ほっほっほ、マリオパーティ5依頼じゃな!」

マール「急に呼び出されるから、すわ一大事かと焦っちゃったわ~」

ハール「やれやれ、TPOをわきまえてほしいものだね」

ニール「まあ、困った時ならいつでもボクたちのこと、遠慮なく呼んでほしいね」

ネール「いつでも優雅に美しく、私たちは駆けつけますから」

テール「それで、僕たちがなにをやったかというとですね」

ダール「私たちの力を使って、ロゼッタ殿の強化を完全解除したのですな」

ティンク「つまり、能力アップが全部なくなって初期状態にされたってことだね!」

ピーチ「そういうこと。わかった?デイジー」

デイジー「だから、それが何だっていうn」チラッ

ロゼッタ(全身が痙攣したまま白目を剥いている)チーン

デイジー「」

ピーチ「…やっぱり」

 

257: Mii 2018/10/04(木) 23:47:33 ID:K0epO.mA

デイジー「えいえいえいっ!!……なにこれ!?なにこれ!?
1UPキノコを使ったそばから、元の状況に悪化するんだけど…!?

これ、すっごくまずくない!?というか、なんでこんなことに!?」

ピーチ「…かつてクッパがスターの杖を奪った時、杖の傍にいるだけで
杖の力に影響されて、クッパは力を付けていったわ。
それと同じことが、より悪い方向に起きているの」

ロゼッタ「」ピクピク

デイジー「悪い方向!?」セッセ

ピーチ「ロゼッタはね、魔法なら私をも超すくらいの技術を持ってる。
さっき専用の機械で魔法Lvを図ってみたら、Lv128だったわ。
私はまだLv85なのに…まあ、FPは圧勝だったけど。

問題は、それが災いして、ありとあらゆる行動で
『基礎体力が足りない?魔法の力で補え!』ってことを無意識に続けてきたことよ。
…杖を直接には触っていない状態でも、ね」

デイジー「基礎体力を無意識に補うですって!?」

 

258: Mii 2018/10/04(木) 23:51:24 ID:K0epO.mA

>>257
×図って  ○測って

ピーチ「100の力を出したいけれど、80しか持っていないから、
魔法で30補って、余裕を持って力を発揮する。

それが続くと、体が衰えて力を70までしか用意しなくなる。
いままでと同じ行動を取ろうとして、魔法で40補う。

…こういうことが繰り返された結果、今のロゼッタがあるみたい。
つまり、『基礎体力は低いけど魔法は強い』んじゃなくて、
『魔法が強すぎるせいで、0同然のはずの基礎体力がちょっとはあるように見える』のよ!」

デイジー「なんと。じゃあ、今の状況は…」

ピーチ「その魔法の援助を断ち切ってみたわ。自重で死にそうになってる」

デイジー「なるほど、これはわかりやすい」

 

259: Mii 2018/10/05(金) 00:02:50 ID:yXo3Tobk

ピーチ「クッパ含む私たちの場合は、
『なんか強くなってる気がするな!よし、特訓を倍にするか!』みたいに
負荷をより掛けて自分を追い込めるから問題はなかった。

ロゼッタの場合、基本的にほうき星の管理とチコたちとの触れ合いで
やることが終わっちゃうっていう生活を何百年と続けてきたから…
…ああ、本当にロゼッタって記憶を戻せるのかしら…!?」

デイジー「とりあえずさ、状況はわかったから、ロゼッタ回復してあげようよっ!」

ピーチ「ロゼッタの杖を、寝転ぶロゼッタの体の上にでも置けば一発で治るわよ?
…こんなふうに」ポン

ロゼッタ「…ハッ!?」ガバッ

デイジー「早く言ってよ!!」

 

260: Mii 2018/10/08(月) 00:59:33 ID:p37/bHQA

~ピーチ説明中~

ピーチ「…というわけで、ロゼッタ。あなたは無意識に魔法に頼り続けてきた結果、
魔法無しだと生命活動を維持するという最低限のことも出来なくなっている状態よ。

記憶を取り戻すよりも、まず先にこっちをどうにかしないと冗談抜きにまずい。
さっきみたいにいつ何時、ブーストリセットの魔法や仕掛けに掛かるかわかんないんだから」

ロゼッタ(杖に触れたことで、体中に再び魔法の力が巡り、体調を取り戻しました。しかし、私の体が、
まさかそんなことになっていようとは。俄かには信じられません)

ロゼッタ「本当に本当なのですか?私もかつては魔法も知らずに草原を駆け回っていた遠い過去がありますし、
実感が湧かないのですが…勘違い、ということは」

ピーチ「……えい」バッ

ロゼッタ「あ、杖をどこへやるのですか…え、ちょっと、まさか」

ピーチ「『ピーチフラッシュ』おかわり」パアアアアアア

星の精たち「はーい」

ロゼッタ「――――――――っ!?――――――――っ――――!!」モガキ

 

261: Mii 2018/10/08(月) 01:01:31 ID:p37/bHQA

ピーチ「はい、杖返すわね。…信じ切るまで何回でもやるわよ?」

ロゼッタ「ええ信じますよ、信じますとも、信じますから。
しかし、そんなに私の生活に問題があったのでしょうか…」ボロッ

ピーチ「…………ロゼッタ、今からいくつか質問するから、『はい』か『いいえ』で答えてちょうだい」

ロゼッタ「…?わかりました」

ピーチ「質問その1、『特に汗を流すような運動は最近やっていない』」

ロゼッタ「はい」

ピーチ「質問その2、『ちょっと重い物を動かそうとするとき、抱えて運ぼうとする前に杖の方に手が伸びる』」

ロゼッタ「…は、はい」

ピーチ「質問その3、『椅子に座っている状態で、本棚の本を取ろうと思った。
この程度のことでも、取りに行くことはなく魔法の力で手元に引き寄せる』」

ロゼッタ「…………はい」

 

262: Mii 2018/10/08(月) 01:03:58 ID:p37/bHQA

ピーチ「質問その4、『そもそも、浮遊移動するばかりで、滅多に歩こうとしない』」

ロゼッタ(そ、そんなことは流石に――)


・・
・・・
ロゼッタ「はい、星くずパンの完成よ。みんな、テーブルに集まって!」スィー

ロゼッタ「紅茶を淹れようとしたら、ポットの水が足りませんね。泉から(魔法で)汲んできた水が、たしかあちらに…
よし、(念動力で)持ってきて、(魔法で)浄化して、追加しておきましょう。

…ああ、水が足りなくなったら、今の一連の作業を自動処理してくれる魔法をポット自身に掛けておきましょうか。
本を読んで待っている間にカップに注ぐところまでやってくれれば便利ですね!
どうして今まで気付かなかったのでしょう!」フフフ

ロゼッタ「今日も無事にほうき星の管理をこなせました…そろそろ就寝ですね。
チコ、おやすみなさい。明日も平和であるといいですね」フヨフヨ

チコ「寝ながら魔法の力でベッドまで漂っていけるって、いつ見ても便利だよね。さすがママ!」

チコ「おやすみなさーい!」
・・・
・・

ロゼッタ(…………あれー?)

 

263: Mii 2018/10/08(月) 01:07:38 ID:p37/bHQA

ロゼッタ「え、でも、まさか、流石に…」ダラダラ

ピーチ「認めたくないのなら…質問を言い換えましょう。
10秒以内に自信を持って『右手』か『左手』で答えてね。
間違えたらあと10回はピーチフラッシュを食らわすわ。

『歩くとき、右足と一緒に前に出すのは?』」

ロゼッタ「…………」フッ

ロゼッタ「すいません、歩いていないことを認めるので寛大なご措置をお願いします」

デイジー「うわあ…そういや、ロゼッタって某忍者アニメみたいに両腕を横に伸ばしたまま移動してばっかりだっけ。
そうか、地面を足で蹴るって動作がないなら、基本的に腕を振る意義ないもんね。
私たちも気付いてあげるべきだったかな、うん…」

 

264: Mii 2018/10/08(月) 01:14:46 ID:p37/bHQA

ピーチ「…ハアァ、ここまでとはね。半ばお手上げ状態よ」バンザーイ

デイジー「どうするの?ピーチはピーチで、まもなく忙しくなるでしょ?
私も一応考えてはみるけど…ぶっちゃけ自信ないよ?」

ロゼッタ「すいません…」

ピーチ「…とりあえず、マリオに連絡を取ってみるわ。何かアドバイスをくれるかもしれないし、
ついでにパワースター獲得状況も確認できるしね!電話、電話っと」

マリオ「おう、パワースターか?とりあえず今日だけで120枚集めといたぞ。
まあ、ステージ入ってすぐパワースターを献上してくれるクッパJr.とかも居たし。
これでだいたい折り返し地点だな!」

ピーチ「」

 

265: Mii 2018/10/08(月) 01:19:06 ID:p37/bHQA

マリオ「4人で協力したら本当に捗ってな…っておい、クッパ、暴れるんじゃない!
…え?納得いかないだぁ?もともとは自業自得だろ!落ち着け!」

コレガ オチツイテ イラレルカァ! ウガー!

ザザーッ・・・

マリオ「悪い悪い、邪魔が入った。…で、なんだ?もう一個の要件って」

ピーチ「あ、ああ、それなんだけどね。ロゼッタのことで…」カクカクシカジカ

マリオ「……なるほど、状況は把握した。大変なことになってるみたいだな」

ピーチ「そうなのよ…何か、解決策ないかしら?ちょっと思い浮かばなくて…」

マリオ「ああ…配管工としての提案だが。
ロゼッタが本当に本気で体質を何とかしたいなら、特効薬がないこともないぞ?」ウーン

ピーチ「嘘!?本当に!?……ロゼッタ、あなたが本気になれるなら、マリオがなんとかしてくれるって!」

ロゼッタ「本当ですか、こんなにあっさりと!?ありがとうございます!」

 

266: Mii 2018/10/08(月) 01:21:26 ID:p37/bHQA

ピーチ「…で、何をすればいいの?……まず、キノコ城にワープ土管を置く?それで?」

ロゼッタ(ワープ土管ですか…あまり話が見えませんが…深い意味があるのでしょうか)

ピーチ「…なるほど。きょだいキノコで大きくなったロゼッタにワープ土管を飲み込んでもらって、
相互に行き来できるようにするのね!飲み込んだ後に体が元の大きさに戻っても害はない、と!
それでそれで?」キラキラ

ロゼッタ「えっ」

ピーチ「…ふむふむ!マリオとルイージが土管を使ってロゼッタの体の中に入り、
無駄な組織を破壊したり、失活している組織に刺激を与えて活性化させたりして、
健康な体を取り戻すのね!完璧でエレガントな作戦じゃないの!」

ロゼッタ「」

 

267: Mii 2018/10/08(月) 01:24:55 ID:p37/bHQA

ピーチ「必要に応じて水をがぶ飲みしてもらったり、冷気を吸い込んでもらったりするかもしれないし、
脳を弄るかもしれない?まあ、ロゼッタも本気だから許してくれるでしょう。この作戦で決まりね!
妄想も捗るわ!CMを作るとするなら・・・・・・」

~ロゼッタのお腹の中で、マリオとルイージが大冒険!~

キノコ王国を襲う(かもしれない)ナゾの病、ゲッソリ病の調査に乗り出した、マリオとルイージ!
だけど、兄弟揃って、ロゼッタに吸い込まれちゃった!

マリオとルイージは ロゼッタの体の中を! そしてロゼッタは キノコ王国を大冒険!
それぞれを切り替えながら 道を切り開いていく!

2人が体内を刺激すると…ロゼッタが底力を発揮!
ロゼッタが水を飲むと…マリオ達の行動範囲が広がる!

マリオとルイージで ブラザーアクション!
ロゼッタでパワフルアクション!

でっかいロゼッタが大暴れする 巨大化バトルも一新!
豪快アクションで 敵をぶっ飛ばせ!

ピーチ「ゲーム化したら間違いなく流行る!CERO上がりそうだけど!」

ロゼッタ「ちょっと待ってくださいぃーー!!!」ガバッ

 

268: Mii 2018/10/08(月) 01:29:05 ID:p37/bHQA

ロゼッタ「えっと、本気ではありますが、もうちょっと、ですね。
穏便な作戦をぜひ、ぜひにお願い致します」ガクブル

ピーチ「我儘なんだから、もう…あ、マリオ?
もうちょっと乙女のプライバシーが保護される作戦の方がいいんだって」

マリオ「まあ、そんな反応が返ってくることは分かってたけど。じゃ、基本を貫くくらいしかないだろ。
ほどほどに『ピーチフラッシュ』で魔法の力を抑えて、よく食べよく運動しよく寝る。
それで少しずつ基礎体力を取り戻すんだ」

ピーチ「…本気?何年かかるか分からないわよ?」

マリオ「俺たちの域まで急成長させるのは夢のまた夢だが、ごくごく普通の域まででとりあえず良しとするなら…
なんとかならんでもない。…ちょうどいいや、そこにマールいるんだよな?」

ピーチ「ええ、呼び出したばかりだから居るけど…それが?なになに…ふむふむ…」メモメモ

 

270: Mii 2018/10/08(月) 20:27:14 ID:p37/bHQA

ーチ「ちょっと料理作ってくるから、暇ならガラス棚の中のお菓子でも食べといてー!」バタバタ

ロゼッタ(マリオから何か聞き出したピーチが、颯爽とキッチンに去っていきました。
一体何が始まるというのでしょう。日付も変わろうというときに、不安一杯です。
明らかに、今から寝させてくれる雰囲気ではありません…)

デイジー「よいしょっと。へえ、ピーチが作る料理に負けず劣らず、ほっぺたが落ちそうなお菓子ばかりじゃない。
それじゃ、遠慮なくいただきまーす!…うん、絶品!」パクッ

ロゼッタ「あ、あの。そんなに食べて、太りませんか?」

デイジー「…いい加減学習しなさいよ。この程度、ちょっと走れば消費できるカロリーなんだってば。
ロゼッタにとっては一食にも値するかもしれないけどさ」

ロゼッタ「……見ているだけで胸焼けしてきます」

デイジー「そう?まあ、ロゼッタが食べることはないわよ。ピーチが作ってくれる料理を期待しましょ?」パクパク

 

271: Mii 2018/10/08(月) 20:28:45 ID:p37/bHQA

【修正】

ピーチ「ちょっと料理作ってくるから、暇ならガラス棚の中のお菓子でも食べといてー!」バタバタ

ロゼッタ(マリオから何か聞き出したピーチが、颯爽とキッチンに去っていきました。
一体何が始まるというのでしょう。日付も変わろうというときに、不安一杯です。
明らかに、今から寝させてくれる雰囲気ではありません…)

デイジー「よいしょっと。へえ、ピーチが作る料理に負けず劣らず、ほっぺたが落ちそうなお菓子ばかりじゃない。
それじゃ、遠慮なくいただきまーす!」パクッ

ロゼッタ「あ、あの。そんなに食べて、太りませんか?」

デイジー「…いい加減学習しなさいよ。この程度、ちょっと走れば消費できるカロリーなんだってば。
ロゼッタにとっては一食にも値するかもしれないけどさ」

ロゼッタ「……見ているだけで胸焼けしてきます」

デイジー「そう?まあ、ロゼッタが食べることはないわよ。ピーチが作ってくれる料理を期待しましょ?」パクパク

 

272: Mii 2018/10/08(月) 20:30:30 ID:p37/bHQA

ロゼッタ(…あ)

菓子箱の中のスターピース「」チョコン

ロゼッタ(星くずですか!こちらでも食用にされているのですね、ちょっと嬉しくなります!
…こちらでは、どのような味がするのでしょうか?)ソワソワ

デイジー「…お?ロゼッタ、このスターピースに興味津々?
私もまさか、こんな風に見ることになるとは思わなかったけど」

ロゼッタ「ちょ、ちょっとだけ食べてみても構わないでしょうか?」ソワソワ

デイジー「くくく、好奇心が勝っちゃったか。そりゃあ、いいに決まってるじゃない。
…あ、ピーチが呼んでる。料理運んでくれってことかな?

じゃあ、ロゼッタはここで待ってて。感想聞かせてね!」ダッ

ロゼッタ「……本当に、綺麗」ツマミ

ロゼッタ「…ふふっ」パクッ

 

273: Mii 2018/10/08(月) 20:35:27 ID:p37/bHQA

デイジー「呼ばれて、やってきたよー。それにしても、キノコ王国でもスターピース食べるんだね!
高級菓子にまでなってるなんて!ロゼッタも喜んでるみたいだったよ!」

ピーチ「スターピース…?入ってた覚えがないのだけれど…」

デイジー「え?私もちゃんと、この目で確認したよ?」

ピーチ「……………………それ、スターピースじゃなくて、はじける食感が癖になる『こんぺいとう』よっ!
しまった、ロゼッタのHPで1粒食べたら…!」

こんぺいとう:威力6(=キラキラおとし)  ロゼッタ(杖無し・魔力あり)最大HP:5

ピーチ「瀕死よ!」ダッ

デイジー「」

チュドーン!!

ピーチ「…遅かったか」

ロゼッタ「」チーン

デイジー「もう1UPキノコ係、誰かに代わってほしいんだけど…」ガクッ

 

274: Mii 2018/10/08(月) 20:40:19 ID:p37/bHQA

ロゼッタ「……………………生きているって、いいですね」シンミリ

ピーチ「記憶をなくす前のあなたも、似たようなことを度々口にしていたわ。
まあそれはともかく、さっさと席についてちょうだいね」

ロゼッタ「……」ノロノロ

デイジー「…はい、暗い話はやめやめ!で、ピーチ?これから何をするの?
料理を食べてもらうってことはわかるんだけど」

サッ
ピーチ「はい、料理No. 01『キノコ炒め』。キノコだけを使った、シンプルながら味わい深い一品よ。食べてみて」

ロゼッタ「…はい、それではいただきます。
……なるほど、調味料の使用を最低限に留め、キノコ本来の味を最大限主張させている。
さっぱりしすぎている感があり主役にはなれませんが、どんな料理とも引き立て役としてマッチすること請け合いでしょうね。
それに、工夫する箇所が少ないからこそ、料理人の腕が如実に表れる。さすがピーチ姫といったところでしょうか」

ピーチ「うん、感想および賛辞、有難く頂戴するわ。…たった三くちでフォークを置いたのは頂けないけれど」

ロゼッタ「うう…」

 

275: Mii 2018/10/08(月) 20:43:26 ID:p37/bHQA

ピーチ「まあ、予定通りだけどね。

じゃあ、マリオとルイージに体中を操られる作戦、題して『マリオネット作戦』を断念しまして――」

ロゼッタ(ホッ)

ピーチ「これより、『催眠ループ作戦』を始めます」

ロゼッタ「……え?」

ピーチ「マール、お願い!」

マール「オッケーよピーチちゃん。『ママの子守唄』!」♪~

ロゼッタ「え、いきなりなんd」

ロゼッタ(スヤァ)バタリ

 

276: Mii 2018/10/08(月) 20:45:07 ID:p37/bHQA

ピーチ「続けてチョール、お願いします!」

チョール「ほいや。『すっきり爽快』!」パアァァァ

ロゼッタ「…あ、あれ?私、今寝てました?」ムクッ

ピーチ「さあさあロゼッタ、まだ料理が残ってるから食べなさい?」

ロゼッタ「…ですから、まだお腹一杯になったばっかりで…あら?妙に…お腹が空いている?
確かに、これならもう少し食べられそうですが。一体何をしたのです?」モグモグ

チョール「快眠状態で体の組織が活動をしやすいところに、結果として消化促進効果を重ねて効かせたのじゃよ。一瞬で消化完了じゃ!」

マール「おまけに、快眠状態って普通は連続では限度があるけど、チョールの技の効果には覚醒効果もあるから、
メリハリ効かせて半永久的にループが可能なのね!…まあ、どこかしらに精神摩耗はあるだろうけど」

ロゼッタ「ご、強引すぎませんか?」

 

277: Mii 2018/10/08(月) 20:48:23 ID:p37/bHQA

ピーチ「さあ、限界まで食べなさい。そしたらまた催眠掛けるから」

ロゼッタ「…え、そ、そんな!人権無視もいいところではないですか!?」

デイジー「サヤカちゃんと明日遊べなくなってもいいのー?」

ロゼッタ「…!!」

デイジー「今のままだと、ピーチはロゼッタを隔離して別の対策を探しかねないよー?
サヤカちゃん悲しむだろうな、1日でママに裏切られるなんて。

それに、ロゼッタが体力を付ければ、それだけまともにサヤカちゃんと遊べて
ママの役割をこなせるんじゃないのかなー?」

ロゼッタ「……わかりました。やります、やればいいのでしょう!
開き直りますよ、よろしくお願いしますっ!」

ピーチ「その言葉を聞きたかった」ニヤリ

 

278: Mii 2018/10/08(月) 20:50:09 ID:p37/bHQA

ピーチ「よし、じゃあ再開しましょう!食べて食べて!」

ロゼッタ「はいっ!」パクパク

マール「『ママの子守歌』!」♪~

ロゼッタ(くー)バタリ

チョール「『すっきり爽快』!」パアァァァ

ロゼッタ「」シャキーン

ピーチ「料理No. 02『キノコソテー』。びりびりキノコを使うことで、同じ炒め物でもキノコ炒めとは違う旨みを醸し出すわ!」

ロゼッタ「旨みだけでなく、ピリッとした辛さもアクセントになっていて美味しいですね。
使うキノコでこうも変わってくるものですか」パクパク

マール「『ママの子守歌』!」♪~

ロゼッタ(スゥー)バタリ

チョール「『すっきり爽快』!」パアァァァ

ロゼッタ「」シャキーン

デイジー「……」

 

279: Mii 2018/10/08(月) 20:51:46 ID:p37/bHQA

ピーチ「まだ残ってる!」

ロゼッタ「は、はいっ!」モグッ

マール「『ママの子守歌』!」♪~

ロゼッタ(スヤァ)バタリ

チョール「『すっきり爽快』!」パアァァァ

ロゼッタ「」シャキーン

ピーチ「料理No. 03『キノコステーキ』。キノコと緊急キノコを絶妙な配分でカットしてこんがり焼く!
染み出した成分が混ざり合うことで、まるで高級ステーキのような味わい!
腕さえあれば極めて安価で済む、庶民の味方よ!」

ロゼッタ「…!これは、キノコを食べているというより、確かに肉のよう!目を瞑って食べれば、一層区別が付きませんね。
信じられない味の変貌です」パクパク

マール「『ママの子守歌』!」♪~

ロゼッタ(フラァ)バタリ

チョール「『すっきり爽快』!」パアァァァ

ロゼッタ「」シャキーン

デイジー「……………………」

 

280: Mii 2018/10/08(月) 20:54:01 ID:p37/bHQA

ピーチ「まだ残ってる!」

ロゼッタ「言われなくても、分かっていますっ!」モグッ

マール「『ママの子守歌』!」♪~

ロゼッタ(グゥ)バタリ

チョール「『すっきり爽快』!」パアァァァ

ロゼッタ「」シャキーン

ロゼッタ「……すっきり爽快という割に、少しずつ倦怠感が出てきたのですが」

ピーチ「強制的に組織を動かす以上、諦めて!」

ロゼッタ「……ですよね、知ってました」トオイメ

デイジー「…………私、見てるだけ?お腹空いてきたんだけど」

 

281: Mii 2018/10/08(月) 20:57:26 ID:p37/bHQA

ピーチ「デイジーは…これ!」サッ

デイジー「…『ナカマモネガーウ』バッジ?なにこれ?」

ピーチ「スターパワーが全然足りないわ!ひたすら願っておいてちょうだい!」

デイジー「ええええー…殺生だよ…」

ピーチ「料理No. 04『ハニーキノコ』!火を通したキノコにハニーシロップを掛けるとあら不思議、
手間は少ないのに絶妙なマリアージュが…」

ロゼッタ「っ!?」ピタッ

ピーチ「……」

ロゼッタ「…………………」

ピーチ「チッ、『失敗料理』に引っ掛からなかったわね」

ロゼッタ「『チッ』ってなんですか!?フェイントやめてくださいよ!」

 

282: Mii 2018/10/12(金) 06:02:57 ID:8HL4SOHU

~次の日~

ピーチ「うーん、まあこんなところかしら。10皿も平らげれば上出来ね。
じゃあ私は仮眠を取るわ、もしかしたら今日からケーキ作りに入るかもしれないし。あのカメックたちの気合の入りようならね。
そのときはキノじいに行動方針を書いた手紙を渡しておくから、昼に読んでちょうだい」

デイジー「無茶するなあ。本当に大丈夫?」

ピーチ「大丈夫、だと思う。まあ、なんとかなるでしょ。お休みなさい…すぅ」バタン

デイジー「そのままベッドに倒れ込んじゃったよ。大丈夫かなホントに。
…じゃあロゼッタ、私たちは今日もサヤカちゃんと一杯遊ぶことにしよっか。
なんでもピーチが言うには、変に筋トレメニューを沢山与えるより、
日常行動でロゼッタのやる気を引き出しつつ運動させたほうがよっぽどいいらしいから」

ロゼッタ「…………お腹が一杯でないのに、まるで腹部をねじられているかのような…
凄まじい不快感と共に胃もたれと吐き気がぁ…満身創痍なんですがぁ…」タエダエ

 

283: Mii 2018/10/12(金) 06:05:18 ID:8HL4SOHU

デイジー「日頃使ってない組織をフル稼働させたからね、しゃーない。あ、ピーチから書置きがあるんだった。えーっと…

『私が寝た後、星の精たちに出力2割くらいのピーチフラッシュをロゼッタに掛けてもらってちょうだい。
つまり、行動の2割分を基礎体力で何とかしなくちゃいけない状態ね。もちろん杖はデイジーが預かっておいてね。

護衛は引き続きデイジーにお任せするわ。行動としては自由行動でOKよ。ただ、とりあえず部屋の壁から壁まで往復させてみるとかして、
状況を始めのうちに自覚させておいて』

だって。みんな、お願いできるかな?」

星の精たち「了解」パアアアアアアア!

ロゼッタ「ぐっ!?か、体が重い…!」ガクッ

ロゼッタ「…な、なんとかゆっくりとなら、歩けないことも…くぅっ!」ヨロヨロ

デイジー「おーい。右足と右手が同時に出てるよー。…まあ、この負荷が現状だと限界っぽいね。
外見だけじゃなくて内臓とかにも負担は掛かってるだろうし、安全に行こうか。
じゃあ、この状態でサヤカちゃんに怪しまれないように今日も一日頑張ろう!」オー

 

284: Mii 2018/10/12(金) 06:06:56 ID:8HL4SOHU

ロゼッタ「は、はいぃ……」ヨロヨロ

ロゼッタ「……」

ロゼッタ「あの、すいません。お花を摘みに参りたいので一度解除していただけませんか」

デイジー「あー、お城のすぐそばに立派な植物園があるよ。一緒に行ってみようか!」

ロゼッタ「…………」

デイジー「ん?どうしたの?」

ロゼッタ「えっと、デイジー姫。お手数なのですが。化粧直しをしたいので一度解除していただけませんか」

デイジー「化粧道具、ピーチから適当にくすねてくるから、ここですれば?」

ロゼッタ「……………………大変恐縮なのですが、お手洗いに参りたいので一度解除していただけませんか」

デイジー「扉出て右、たった30メートル先だよ。さあ、今日も一日頑張ろう!」ニコッ

ロゼッタ「なんでもしますからどうかお願い致しますデイジー様」ドゲザ

デイジー「…あ、うん、調子乗ってごめん」

ロゼッタ(あ。…どうでもいいことですが、土下座の姿勢の方が楽でいいですね)

 

285: Mii 2018/10/12(金) 06:09:02 ID:8HL4SOHU

デイジー「はい、杖ね。でも…今日の昼食夕食はともかく明日からはトイレにも自力で行かせろって
ピーチからのメッセージがあったから…頑張ってね、ご愁傷さま」

ロゼッタ「鬼ですか!……ちょっと待ってください、昼食に夕食…!?」サアッ

デイジー「うん、その時間になったら一度お城に戻れってさ。
さっきまでの食事はとりあえず朝食と認めるとしても、しばらく一日三食のまっとうな生活が続くから
覚悟しておきなさい、ってことだよ」

ロゼッタ(不快感に加えて絶望感と眩暈までいらっしゃったようです…)

ロゼッタ「まっとうな、とはおっしゃいますが食事量が尋常ではないでしょう!」

デイジー「確かに一般市民からすると尋常じゃない量だけど…
残念ながら、スポーツやその他イベント事でエネルギー消費しまくる分の補填として、
私やピーチでも楽々平らげる量なんだよなあ、これが。毎日食べるとは言わないけどさ。

大体、パーティで体より大きいフードの早食い競争とかもやってきたし」

ロゼッタ「……………………考えるのはやめました……とりあえずお手洗いに行ってきます……」

 

286: Mii 2018/10/12(金) 06:12:29 ID:8HL4SOHU

~キノコ城 城下~

サヤカ「ねえママ、あっちの店に行ってみようよ!」

ロゼッタ「…え、ええ、そうね。一体何があるのかしら」ギギギギギ

デイジー(油が切れたロボットみたいだなぁ)

サヤカ「わあ、金魚すくい!ママ、どっちが多く捕まえられるか勝負しよっ!」

ロゼッタ「う、うわー。サヤカ、掬うの上手ね!ママ、手先がふ、震えて全然捕まえられないわ」ブルブル

サヤカ「はいっ、タコ焼き買ってきたから半分こね!
『お嬢ちゃんカワイイねグヘヘヘ』とか褒められて、1パック分サービスしてもらっちゃった!
だから1人1パック食べられるよ!」サッ

ロゼッタ「」

ロゼッタ(サヤカには申し訳ないのですが、後で地獄が待っているのに、余計な物を食べたくありません……!
……デイジー姫、どうか、お助けを…!)

ポンッ

デイジー「安心して、ロゼッタ。不審者は私がきっちり成敗してくるから。
というわけで、心おきなくタコ焼きを食べておきなさい」サムズアップ

ロゼッタ「」

 

287: Mii 2018/10/12(金) 06:14:14 ID:8HL4SOHU

サヤカ「一回、屋台巡りはやめて、キャッチピースの続きをしようよ!」

ロゼッタ「そ、そーれ」ポイッ

テン、テン、テン。

飛距離:2m

サヤカ「…………」

ロゼッタ「えっと、サヤカ、これは、その」

サヤカ「ママ…私と遊ぶの、嫌になっちゃった…?」ジワァ

ロゼッタ「」

 

288: Mii 2018/10/12(金) 06:15:42 ID:8HL4SOHU

デイジー「サ、サヤカちゃん!ちょっとこれには深いわけがあってね!ロゼッタは全力を出せなくなってるのよ!
…あれ、こっちが素だって表現した方がいいのかな?と、とにかく、決して遊ぶのが嫌になったわけじゃないから!」

サヤカ「…昨日の、今日で?」

デイジー「そう、そうなの!第一、このロゼッタの顔がサヤカちゃんを嫌ってるように見える?見えないよね!?
ってか、むしろサヤカちゃんに嫌われたに違いないと蒼白になってる顔だねこれ!」

ロゼッタ「」

サヤカ「…わかった。ママを信じる。だって私のママなんだから。
疲れてるみたいだし、ベンチでおしゃべりなら…してくれるよね!」ニヘラ

ロゼッタ「サヤカぁーーー!!」ガバッ

サヤカ「え、え、ええ!?どうしてそんなに泣いてるの!?」

デイジー「色々と辛いことがあったんだよ、うん」メソラシ

 

289: Mii 2018/10/12(金) 06:17:56 ID:8HL4SOHU

サヤカ「というわけで、膝枕がいい!」

ロゼッタ「グスッ…ええ、そのくらいなら喜んでやらせてもらうわ」

サヤカ「とうっ」グイッ

ロゼッタ「わぷっ」

サヤカ「ママ、軽―い!」ケラケラ

デイジー「…………ロゼッタが寝るんかーい!」

ロゼッタ「さ、流石に親が娘に膝枕をしてもらうわけには!」

デイジー「ロゼッタさんや、思いの外に楽な姿勢であることを脳が知覚して、
全身が抵抗を諦めてまっせ」

ロゼッタ「…仕方ないじゃないですか」

 

290: Mii 2018/10/12(金) 06:19:57 ID:8HL4SOHU

ロゼッタ(サヤカは、身の回りで起きた出来事を、面白おかしく話してくれました。
特に力がこもったのが、キャッチピースについての話。

サヤカの地元では野球というスポーツが盛ん。子供たちは小さいころから野球選手に憧れて、
野球のボールを買ってもらうまではスターピースを投げ合って、
キャッチボールや野球の真似ごとをして遊ぶようです。なるほど、それで投げ方を鍛えられたのですね)

サヤカ「…でね、こんな握りの形から投げるとストレート!…これならカーブ!
…こっちならスライダー!…そんでもって、こうするとフォーク!
まあ、握り方をとりあえず覚えてるだけで、実際に投げられるわけじゃ全然ないけどね」

ロゼッタ「へえ!面白いわね!」キラキラ

デイジー「……握ってるのがスターピースだけど、ロゼッタ理解できるの?
実際の野球のボールにはある縫い目の空気抵抗がうんぬんかんぬん、って話なんだけど…」

ロゼッタ「握り方、縫い目への指の掛け方によってボールに掛ける回転ならびに進行面を絶妙に変え、
球速との兼ね合いを考えつつ打者付近で大きく変化するように工夫するのですよね!
私の頭の中には、スターピースの表面に縫い目がしっかりイメージできています」

デイジー「スピン力学のちからってすげー!」

 

291: Mii 2018/10/12(金) 06:22:31 ID:8HL4SOHU

サヤカ「ママ、こんなにすぐわかるなんてすごい!カーブくらいならすぐ覚えられるんじゃないの!?」

ロゼッタ「そうかもしれないわね!ちょっと試してみましょう!」スクッ

デイジー「おいちょっと待った、それはカーブを凄まじく冒涜した発言だし、スターピースじゃ勝手が違う
…っていうか、ロゼッタを変に調子に乗らせないでサヤカちゃーん!!」

~昼食タイム、キノコ城~

ロゼッタ「…………手首がグキッといきました…」ジワァ

デイジー「うん、知ってた。頭で理解するのと実際に体が動くのとは別だよね。特に今のロゼッタの体力だと…。
よくサヤカちゃんにばれないように我慢したね、えらいえらい。
一旦杖を返してあげるから治しておいでー」

ロゼッタ「はい…」グズッ

 

292: Mii 2018/10/12(金) 06:24:27 ID:8HL4SOHU

キノじい「おっと、デイジー姫。姫様から手紙を預かっておりますのじゃ」

デイジー「ありがとー。さて、なになに…?」

手紙「ケーキ作りに掛かり切りになっちゃった。ロゼッタの昼食と夕食、デイジーが作ってあげて。
明日の朝食にはなんとか戻れるようにするから。    ピーチ」

デイジー「……えっ」

デイジー「よし、なんとかなるものね。料理No. 15『キャシーディナー』!
凄腕料理人キャシーさんの考案した、キノコをパスタと一緒に炒めた豪華な逸品!」

失敗料理「やあ」

ロゼッタ「……は、はい(やっぱりデイジー姫、怒っていますね…うう…)」パク

 

293: Mii 2018/10/12(金) 06:26:07 ID:8HL4SOHU

デイジー「できたっ!料理No. 16『キャシースペシャル』!
木の実の甘さと素朴な芋の味が見事に融和し、濃厚な味を醸し出す!」

失敗料理「しっかり別々に味を主張しておくぜ」

ロゼッタ「……………………」パク

デイジー「まだまだ行くよ!料理No. 17『キャシーデラックス』!
ポテトとキノコステーキを混ぜ合わせて、どうしてこんな料理ができるのか私にもさっぱりわかんないやアハハ!
達人の発想は理解できないなー」

失敗料理「また会ったな」

デイジー「私もちょっと味見してみよっと!…………マズゥイ!!」グハッ

ロゼッタ(…………あ、違った。単に、凝った料理を作るにはデイジー姫の料理の腕が足りなすぎるだけですね)

 

294: Mii 2018/10/12(金) 06:28:26 ID:8HL4SOHU

デイジー「…うう、ごめんね。ピーチみたいに料理上手じゃなくて。作り直すよ…」

ロゼッタ「大丈夫です。既に食べ始めてしまったがために気付きましたが、
味のまずさくらい、量に比べれば些細なことですから。無心になればなにも怖くありません」シンダメ

デイジー「それは現実逃避とか諦めの境地とか、満足の境界線を低次元に落とし込めただけじゃないかなあ」

ロゼッタ「とりあえず、言えることは……サヤカのためなら、頑張れます!」バクバクッ

デイジー「お、おう。母親って大変なんだね。じゃあ引き続き、失敗料理を生産してくるよ…」

ロゼッタ「あんまり応援はしたくありませんが、応援しておきます」フフッ

デイジー「なんだかよくわからないけど、こんなものができちゃった!
料理No. 49『かみなりドッカン』!威力5の全体攻撃ぃっ!」

かみなりドッカン「さあ食え」

ロゼッタ「私が食べたら即死するものに限ってなんで上手にできるんですか!?」

 

295: Mii 2018/10/23(火) 19:25:12 ID:1fjcNIyA

~クッパ城~

オーライオーライィー! ピピーッ!
カメック(クッパシップが延々と往復し、ケーキの材料がひっきりなしに下ろされていく…)

カメック「お、おいどうした、さっさと運べ!ピーチ姫に何を言われるかわからんぞ!」

カメック「お、おう」

ブオオオオオオオオオッ!
ピーチ(巨大)「ハアアアアアアアアアアアアアアアーっ!!」シャカシャカシャカシャカ

カメック「うおっ、すごい風圧っ!?iいいか、くれぐれも材料を落とすんじゃないぞ!」

カメック「ラジャー!…ピーチ姫―、こちらに届いた材料、置いておきますよ!」

ピーチ(巨大)「ありがと!ちゃんと、ロット指定通りの分量ずつにしてる?ダブルチェックやったわね?
間違えると1ロット無駄になるわよ!!」シャカシャカシャカシャカ

カメック「もちろんですとも!というか、こんな作業増やしてたまるものですか!」フンス

 

296: Mii 2018/10/23(火) 19:27:54 ID:1fjcNIyA

ピーチ(巨大)「あなたたちが用意してくれた器具、丈夫なうえにとっても使い勝手がいいわ!
容器や殻を自動で外してタンクに貯めてくれる機器まで作ってくれたし!
さっすがクッパが誇る魔法使い部隊ね!…あ、きょだいキノコ切れそう。1個お願い!」シャカシャカシャカシャカ

カメック「ほいさっ!」ヒョイ

ピーチ(巨大)「(バクッ)よし、助かるわ!じゃあ続けてやっていきますか!炉の方の準備はどう!?」シャカシャカシャカシャカ

カメック「最新鋭の機器に魔法制御も駆使し、繰り返しテストで空間全域において設定温度の±1℃以内に収めています!
実際にスポンジを焼くときの温度ムラも±5℃以内となっております!」ビシッ

ピーチ(巨大)「上出来よ!でも油断しないで、どこか1か所でも異常が発生してストップすると全工程がホールドになっちゃうからね!
おまけに規模が規模だから、作り貯めしておくスペースがないわ!
魔法で異次元収納とか恐ろしく高度で疲労するようなことをやりたくなかったら、メンテナンス欠かさずにっ!」シャカシャカシャカシャカ

カメック(我々は100人以上総動員で3交代制でヒイヒイ言ってるのに…歴戦の姫は次元が違いますねえ、やれやれ)

 

297: Mii 2018/10/23(火) 19:31:01 ID:1fjcNIyA

~一方、どこぞのギャラクシー~

マリオ「パワースター、150枚目ゲーット!!」グリーンスター ダケドナ!

ルイージ「やったね兄さん!」

ヨッシー「……でもマリオさん、なんだかペース落ちてませんか?」

クッパ「そうだぞ!このままでは3日間で間に合うかヒジョーに怪しい!
もっとカリカリ急ぐのだ!」

マリオ「大丈夫大丈夫、ピーチとの連絡で期限延びたから。というか延ばさざるをえなくなったから。
ロゼッタの体力づくりをちょっと優先させたいんだと」

ルイージ「あー、基礎体力をつけ直すっていうやつ?大変そうだね、ロゼッタ大丈夫かなぁ」ポン

 

298: Mii 2018/10/23(火) 19:32:49 ID:1fjcNIyA

リオ「それに、1日120枚ペースはやっぱりしんどいからな。ペースを落とせるなら落としておきたいだろ?」

ルイージ(兄さんは少なくとも全く疲れてないよね)

マリオ「というわけで、適当なギャラクシーをステージにしてスマブラごっこやろうぜ。初期ライフ3で、ライフ0になったら負けな」

クッパ「おっ、いいな!道中で残機も結構増えてきたことだし!」

ヨッシー「いいですね!」

ルイージ「えええええ…」

――ピーチたちの計画の遅れを見越して遊んでいた。

 

299: Mii 2018/10/23(火) 19:35:18 ID:1fjcNIyA

~夜、キノコ城~

ロゼッタ「」チーン

デイジー「サヤカちゃんとの午前・午後の触れ合いに、昼食・夜食の完食!お勤めご苦労様っしたー!」ケイレーイ

ロゼッタ(事前にトイレに向かっていたため事なきを得ましたが…お腹の感覚が…相変わらず…絶不調です……うぷ)

デイジー「あはは、面白い顔をしてるね。どう、少しは体の動かし方に慣れてきた?」

ロゼッタ「……まあ、多少は」

デイジー「それはよかった!じゃ、もう少し『ピーチフラッシュ』の効力を強めても大丈夫そうかな!30%くらい、行っとく?」

ロゼッタ「そそそそれはまだ、早いのではないでしょうか!?当分、20%でよいかと!無理はいけません、はい!」

デイジー「えー…」

 

300: Mii 2018/10/23(火) 19:37:52 ID:1fjcNIyA

ロゼッタ(オモシロクナーイ、と口を尖らせながらも、デイジー姫は諦めてくれました。
…お気持ちにお応えしたいのはやまやまですが、お腹だけではなく、既に体の節々が悲鳴を上げている状態。
スターの精たちの技の副産物で眠くはないのですが、少しでも早くベッドに倒れこみたい状況です)

デイジー「じゃあまあ、今日はこのまま寝ることにしよっか。ピーチの部屋のベッド譲ってあげるからさ。
眠くはないだろうけど、しっかり体を休ませておくのよ!じゃあね!」スタスタ

ロゼッタ「え、勝手にベッドを使わせて頂くというのはちょっと…」

デイジー「ピーチなら許してくれるって。それにちょくちょく遊びに来てる私は、専用の部屋ひとつ貰ってるし―!」ヒラヒラ

ロゼッタ「そ、そういう問題なのでしょうか…(バタン)ああ、行ってしまいました」

 

301: Mii 2018/10/23(火) 19:41:02 ID:1fjcNIyA

視界に映る、鮮やかな絵画に彫刻。
なるほど、ベッドから改めて部屋全体を見渡してみれば、この部屋も思いのほか趣にあふれていたのですね。
それでいて、決して華美すぎず派手すぎず。棚などの調度品との融和もしっかり図られています。

ーーこれは、覚醒効果が作用していなくとも、中々寝付きたくなくなる環境ですね。
そんなことを、ゴロンと背中から倒れこんで、考えます。

カチカチ、と無機質な時計の針の音だけが、僅かながら耳に入ってきます。
枕もとの小さな明かりだけを付けた状態で、ボーッと時計を見やりました。

カチカチ。
カチカチカチ。
カチカチカチカチカチカチ――――。

ロゼッタ(…わかっていましたが。本当に眠れませんね…)

1時間経過。

2時間経過。

3時間経過。

そろそろ、横になったままというのも、少々馬鹿らしくなってきました。
…もう少し早く気付けばよかったですね。

 

おすすめ記事
おすすめ記事2