1: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 15:48:45 ID:dfsL1CCM

 人造人間との戦いまであと二年を切っていた。
 ヤムチャは悟空たちと別に修行を重ねていたが、
 自分の力の限界を感じていた。

 フリーザより強いとされる人造人間……。
 正直ついていける気はしなかったが、もう足手まといになるのもこりごりだった。

 ヤムチャは悩みぬいた末、一つの決断を下した。

 ドラゴンボールを集め、神龍を召還したのだ。

神龍「さぁ願いを言え……。どんな願いも一つだけかなえてやろう……」

ヤムチャ「お、オレでも満足に修行できる場所に送ってくれ!!」

神龍「それがお前の願いか……?」

プーアル「ヤムチャさま! ボクもご一緒させてください!!」
ヤムチャ「ああ! 神龍! オレとプーアルを、だ。
     オレだってもっと強くなりたい……!! 頼む! 神龍!!」

神龍「わかった……」

 神龍の目が光り、フッ、とヤムチャとプーアルの姿が消える。
 その瞬間、ヤムチャとプーアルは地球から消えた。

2: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 15:49:26 ID:dfsL1CCM

ビーンズ「はい、次はあなたですね。これがプレートです」

ヤムチャ「えっ? はっ! ここは……?」

 ヤムチャが周りを見渡すと、そこは地下道のようだった。
 何百人と言う男たちが目をぎらつかせている。

ヤムチャ「やったぞプーアル! 成功だ!! ここがオレの修行場だ!!」

プーアル「はい! やりましたねヤムチャさま!!」

ビーンズ「あの~、どうでもいいけど早く受け取ってください」

 ヤムチャは訳も分からないまま、『406』と書かれたプレートを受け取った。

ヤムチャ「それにしてもここはどこで、なんなんだろうな?」

 ヤムチャは再度、周りを見渡した。

ヤムチャ(結構な人がいるが……たいした奴はいなさそうだ)

ヒソカ「……」ズキュウゥゥゥン

 

3: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 15:50:01 ID:dfsL1CCM

トンパ「やぁ、そこの兄ちゃん。さっきからきょろきょろして、
     もしかしてハンター試験は初めてか?」

ヤムチャ「ああ、そうだ。ハンター試験って……?」

プーアル(ヤムチャさま! もしかして神龍がヤムチャさまにふさわしい修行の場として
     強さを競う試験の場に送ってくれたんじゃないですか?)
ヤムチャ(おお、そうか! 神龍も気が利いてるじゃないか~)

ヤムチャ「そうだそうだ! オレはハンター試験を受けに来たんだ、はは……!」

トンパ「なんだがしゃっきりしねぇ兄ちゃんだな。
    ま、そういうことなら俺にまかせときな」

トンパ「なにせ俺はもう35回も試験を受けてるからな」

ヤムチャ「35回!? す、すげーなアンタ……」

 

4: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 15:51:04 ID:dfsL1CCM

 それからヤムチャはとトンパにいろいろ話をしてもらい……。

トンパ「お、そうだ。よかったらこれ飲みな。お近づきのしるしだ」

ヤムチャ「お、ジュースか! ありがとうトンパ」

プーアル「やさしいんですね」

トンパ「へへっ、まぁな……」

 ヤムチャは遠慮なくジュースを飲んだ。
 トンパはニヤニヤ薄ら笑いを浮かべていた。

 ジリリリリリリリリリリリリ!!

 

5: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 15:51:58 ID:dfsL1CCM

サトツ「ただいまを持ちまして、受付時間を終了とさせていただきます。
    同時に第287期ハンター試験、一次試験を開始いたします」

プーアル「あ、はじまるみたいですよ、ヤムチャさま」

ヤムチャ「あ……ああ……!!」

プーアル「ヤムチャさま……?」

 ヤムチャはかつてないほどの腹痛に襲われていた。
 足をぴょこぴょこさせ、前かがみになり、便意と戦っていた。

サトツ「申し遅れましたが私、一次試験官のサトツと申します。
    それでは皆様を会場までご案内いたします」

ヤムチャ「あの……! ちょっと!!」

サトツ「はい? なんでしょうか?」

ヤムチャ「ここ、トイレってあります……?」(震え声

 爆笑が湧き起こった。

 

6: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 15:52:40 ID:dfsL1CCM

モブA「おいおい、試験前にトイレに行っとくなんて常識だろ~じ・ょ・う・し・き!」

モブB「おい誰だよこんなやつ会場まで通したバカは?」

モブC「お兄ちゃんぽんぽんいたいんでちゅね~?」

 ギャハハハハアハハハアハハ!!!!!!!

ヤムチャ「くっ……」プルプル

サトツ「みなさんお静かに。残念ですがここにトイレはありません。
    試験をやめて地上に戻るなら、案内も可能ですが……」

サトツ「どうされます?」

ヤムチャ(ぐっ……! なんてこった!!)

ヤムチャ(せっかく修行に来たのに何もせずに帰れるかよ!!)

ヤムチャ「わかりました……このままうけます……」

サトツ「よろしい。ならば参りましょう」

 

7: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 15:53:17 ID:dfsL1CCM

ヤムチャ(くそっ、さっきのジュースだな! 仕組まれてたんだな。クソッ!!)

レオリオ「おいあんた大丈夫か?」

レオリオ「まさかトンパのジュースを飲んだんじゃねェだろうな?」

ヤムチャ「な、なぜ……それを……?」

レオリオ「俺たちも騙されかけたからな。ほら、これ胃薬だ。
     効くかは微妙だが、飲んどきな」

ヤムチャ「あ、ありが……」

ヤムチャ(ハッ! 待てよ……)

ヤムチャ(この男も騙そうとしてるんじゃ……)

ヤムチャ(この男がトンパとグルって可能性もある……)

 

8: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 15:53:52 ID:dfsL1CCM

ヤムチャ「だ、だまされねーぞ! もう騙されてたまるか……!」

レオリオ「あ、オイ待てよ! 俺はあいつとはちげーぞ!! オイ!!」

レオリオ「ったくもう知らねーぞ下痢ピー野郎が!」

 サトツの先導する一団は走り続けた。
 途中、これが一次試験であると告げられた受験生たちは、
 いつ終わるかわからないマラソンを強いられることになる。
 そして6時間が経過した……。

 

9: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 15:54:37 ID:dfsL1CCM

ヤムチャ「うぉっ、うお……うぉぉぉおぉ!!!」

ゴン「お兄さん大丈夫?」

ヤムチャ「ああ、だいじょうぶ……さ。こん……なの……
     なんて……こと、ないんだぜ……」

プーアル「ヤムチャさまファイトー! がんばってください!!」

ゴン「キミは喋れるの? すごいね!」

プーアル「はい! ボクはプーアルと言います。
     ヤムチャさまのパートナーです」

ゴン(この子にすごく慕われてるんだな。
   このヤムチャって人は良い人だ)

キルア「やめろよゴン。うんこくさいのがうつっちまうぜ」

ゴン「もう、キルアダメだよ! そんなこと言っちゃ」

ヤムチャ「そう……だ。まだ……漏らしてな……い」

ゴン「頑張れ! ヤムチャさん」

 

10: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 15:55:29 ID:dfsL1CCM

クラピカ「……大したものだな」

レオリオ「あぁん? なんだって……ぜぇ……はぁ……!」

 クラピカの視線をレオリオが追うと、そこにはヤムチャがいた。

レオリオ「あンの下痢ピー野郎がどうしたんだ? 
     つーかアイツまだ落ちてなかったのか……はぁ、ゼェ」

クラピカ「そこだ、レオリオ。気付かないのか」

レオリオ「?」

クラピカ「彼は……おそらく下剤を飲まされ腹を下し、 
     コンディションは最悪のはずだ」

クラピカ「にも拘らず、ここまでの道のりで全くペースを落とさず走り続け、
     それどころか、先頭におどりでてしまっている……」

レオリオ「あ! そ、そういやそうだ……」

クラピカ「レオリオ、おまえならできるか? コンディションが最悪の状態で、
     ゴールもわからない。あとどれだけ走ればいいか分からない。
     そんな地獄のマラソンで先頭で走り続けることができるか?」

レオリオ「……!!」

クラピカ(ヤムチャ、と言うらしいが……)

クラピカ(一体何者なんだ……?)

 

11: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 15:56:17 ID:dfsL1CCM

 一行はスメーレ湿原の入口へとたどり着いた。
 そこでいきなり、『自分が試験官である、その男はニセモノだ!』
 と言い張る男が現れた。

 だがそんなこと今のヤムチャには関係なかった。

ヤムチャ「お……い、あんた……」

レオリオ「なんだよ……」

ヤムチャ「やっぱさっきの胃薬わけてくんない? もう限界で……」

レオリオ「だーっ! やめろここで漏らすな! 
     ほらこれだよさっさと飲め!!」

ヤムチャ「す、すまん」(ゴクリ

 ぐぎゅ~っ

ヤムチャ(ウッ! 薬を飲んで安心したら腹が……)

ヤムチャ(も、もうガマンできない……)

 ヤムチャは一行からコッソリ離れ、草葉の陰で用を致した。

 

12: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 15:56:49 ID:dfsL1CCM

ヤムチャ「すっかりはぐれちまったな」

ヤムチャ「幸い腹の調子はそこそこマシになったけど……」

プーアル「みんなどっちにいったんでしょうね?」

ヤムチャ「あっちで大勢の気が動いてる。あっちだな」

 ヤムチャは軽快に走りだした。

 

13: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 15:57:41 ID:dfsL1CCM

 霧の中はヒソカによる虐殺が行われていた。
 残ったのは三人。クラピカ、レオリオ、チェリー。

ヒソカ「残るはキミたち3人だけだねぇ。どうする?♦」

チェリー(おい、俺が合図したら一斉に逃げるぞ……)

ヒソカ「ん?♦ 逃げるのかい?♠」

レオリオ「………!」(ギリッ
クラピカ(よせレオリオ! 私たちでは奴には勝てない!)

ヤムチャ「あれ? これどういう状況?」

三人「!!?」

ヒソカ「あっ、キミは……♦」

 ヤムチャは周囲を一瞥し、状況を理解した。

ヤムチャ「なるほど、おいお前たち、逃げたほうがいいぞ!」

ヤムチャ「コイツの相手はオレがしてやる」

三人「!!?」

ヒソカ「……!!」ビンッ!!ビンッ!!

 

14: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 15:58:15 ID:dfsL1CCM

レオリオ「バカやろう! おまえひとりでなんとかなるかよ!!」

ヤムチャ「いいから任せろって。アンタには薬の恩があるからな」

クラピカ「レオリオ、ここは彼の言葉を聞こう!」

レオリオ「クラピカ! アイツを見捨てるってのか!?」

チェリー「いや、確かに一人囮になってくれれば
     俺たちの助かる確率はハネ上がる……」

クラピカ「レオリオ!」

レオリオ「……くっ!」

 三人は立ち去り、霧の中にヒソカとヤムチャだけが残った。

 

15: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 15:58:49 ID:dfsL1CCM

ヒソカ「いいのかい? キミ一人で?♦」

ヤムチャ「ふん。おまえ最初っからオレが狙いだったんだろう?」

ヤムチャ「あの地下道の時から妙に視線を感じてたんだ」

ヤムチャ「あれはおまえだろう?」
プーアル「そうなんですか?」

ヒソカ「……! ちょっと熱視線送りすぎてたかな?♠」

 一拍の間。ヒソカが動いた。

 どこからか取り出した複数枚のトランプを投げる。
 トランプはナイフのように鋭く、まっすぐにヤムチャへと伸びた。

 しかし、ヤムチャは一歩も動くことなく
 トランプをすべて叩き落とした。

 

16: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 15:59:31 ID:dfsL1CCM

ヒソカ「……!」

ヤムチャ「おい、こんなもんか?」

ヒソカ(ゾクゾクゾクッ!!!

ヤムチャ「じゃあ今度はこっちから行くぜ!」

 ヤムチャが腰だめに構えるとともに、気を解放する。
 それはヒソカの目に巨大な炎となって現れた。
 山をも焼き尽くすほどに、巨大な炎に見えた。

ヒソカ(素晴らしい……!!!)ズキュゥゥゥゥンン!!!!!!

 ヒソカはがっくりと腰を落とした。ヤムチャとは違って
 膝の力が抜けた落ち方だった。

ヒソカ「鎮めなきゃ、抑えなきゃ……」

ヤムチャ「おいどうした?(急に震えだしたぞ。どうしたんだ?)」

 ヒソカは目線を戻すと、にこやかな笑顔だった。

ヒソカ「うん! やめとく❤」

ヤムチャ「はぁ?」
プーアル「ええ!?」

 

17: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:00:03 ID:dfsL1CCM

ヒソカ「キミとこんなところで戦うのはもったいなさすぎるよ❤」

ヒソカ(たぶん今やりあうと、抑えられなくなっちゃしね♠)

ヒソカ「じゃあね、良いハンターになりなよ♦」

 霧の中へ消えていくヒソカ。
 ヤムチャはすっかりぽかんとしていた。

レオリオ「やっぱりアイツ一人に任せられねェ!! 大丈夫かおい!!」

レオリオ「ってあれ?」

クラピカ「待てレオリオ……。これは……?」

ヤムチャ「あいつ、なんだったんだ……?」

 

18: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:00:39 ID:dfsL1CCM

レオリオ「無事だったか! よかったぜ!!」

クラピカ「ど、どういうことだ? 
     ヒソカを無傷で撃退したというのか……?」

ヤムチャ「いや、あいつなんか勝手にどっか行っちまった」

レオリオ「なに? かーっ! 試験官ごっことか言ってやがった癖に!
     なんて自分勝手なヤローだ!!」

クラピカ(ヒソカが自ら退いた……なぜだ?)

クラピカ(さっき一瞬……おそらく、ここから発せられた
     『異様な気配』と何か関係があるのか……?)

 

19: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:01:15 ID:dfsL1CCM

ゴン「あ、レオリオ! クラピカ!! 無事だったんだね!!」

レオリオ「ゴンか! この通り無事だぜ!」

ゴン「よかった~。ヒソカが暴れるって聞いたから、心配したんだよ」

クラピカ「……」

レオリオ「にしてもだいぶ離れちまったな。追いつけっかな?」

ゴン「それなら大丈夫だよ、オレの……」

ヤムチャ「ん? みんななら多分向こうだぞ?」

ゴン「」

レオリオ「なんでそんなはっきり言えんだよ」

ヤムチャ「だって向こう側が、一番大勢の気が動いてるからな」

クラピカ「気……? 気配のことか?」

ヤムチャ「まぁそんなとこさ。行こうぜ」

クラピカ「……」

ゴン「」

 

20: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:01:53 ID:dfsL1CCM

 無事二次試験会場にたどり着いたヤムチャたち。
 そこでの試験は料理を作ることだった。
 一つ目の試験、豚の丸焼きは難なくこなした受験生たちであったが、
 二つ目の試験。『スシ』がヤムチャたちの前に立ちはだかる……。

ヤムチャ「ニギリズシか……。まいったな~ブルマんちでよく食べてたけど、
     作り方まではわかんねーよ」

プーアル「ただお刺身を乗せるだけじゃないんですか?」

ヤムチャ「たぶん、それだけじゃうまい寿司は作れないんだ」

ハンゾー(くそっ、なんであいつスシのこと知ってんだ?)

ゴン「ライスだけで作るのかな?」

ヤムチャ「いや、違うぜゴン。
     寿司ってのは刺身にした魚を握った米の上に乗せるんだ」

レオリオ「なんだヤムチャ? 知ってんのかよ!?」

 

21: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:02:23 ID:dfsL1CCM

ヤムチャ「逆におまえらなんで知らないの……?」

クラピカ「なるほど、魚か!」

 ヤムチャが漏らした情報により、受験生たちはいっせいに魚を取り、
 思い思いに刺身にし、スシを作った。しかし、誰一人として
 二次試験官――メンチの舌を唸らせることはできなかった!

 このまま合格者0人になると思われた矢先、
 ハンター協会会長のネテロが現れた。
 ネテロの提案により、クモワシの卵をとってくること、に
 試験が変えられ、ヤムチャたちはなんなく試験を突破したのだった。

ゴン「ヤムチャさん……? え? 飛んでる!!?」

クラピカ「…………!!」

レオリオ「うそだろ? ひ、人が飛ぶなんて……
     と、トリックか?」

ヤムチャ「トリックじゃねーよ。種も仕掛けもない」

キルア(……うそだろ?)

 

22: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:03:06 ID:dfsL1CCM

 一行は三次試験会場、トリックタワーの屋上に降り立った。
 ゴン達はヤムチャに先ほどの技――舞空術について、
 ひっきりなしに聞いていた。

ヤムチャ「だから、舞空術は気をある程度扱えたら
     誰でもできるんだって……」

レオリオ「だからその”気”ってやつは何なんだよ!? 俺は医者の勉強してきたが、
     どの本にも人間の体にそんなスゲーパワーがあるなんて書いてなかったぜ!?」

ゴン「ねぇヤムチャさん! 俺にもできるかな!?
   空……飛べるかな?」

ヤムチャ「はは、修行すればできるさ」

キルア「……つまんねーの、ちやほやされやがって」

クラピカ「…………」

キルア「っていうか第三試験こっから降りるんだぜ?
    そのおっさんだけラクショーじゃねぇか!」

キルア「ズルだよ! そんなのズルだ!!」

レオリオ「最初スケボーにのってた奴がそれ言うか……」

クラピカ「人数が減っている。どうやら隠し扉があるようだな」

 

23: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:03:41 ID:dfsL1CCM

ヤムチャ「はは、なんだったら下まで送って行ってやろうか?
     オレだったらあんな怪鳥やっつけれるし」

レオリオ「おおっ! そりゃあいいぜ!! 
     第三試験合格第一号になれるな!!」

ゴン「……いや、俺はいいかな」

ヤムチャ「ゴン?」

ゴン「なんていうか、ハンター試験は、自分の力でやらなきゃ
   ダメだと思うんだ。ハンターって資格は、ちゃんと試験を
   乗り越えた人がもらえるモノだと思うから……」

ヤムチャ「……」

 

24: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:04:17 ID:dfsL1CCM

ゴン「あ、でもヤムチャさんは降りていいと思うよ!
   そのブクージュツは、ヤムチャさんの力で間違いないし!」

ヤムチャ「いや、オレもまっとうに降りることにするぜ」

ヤムチャ「考えてみたら、オレはここに修行に来たんだ」

ヤムチャ「楽をしちゃ修行にならねーからな、はは」

プーアル「さすがヤムチャさまです~!」

 

25: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:04:52 ID:dfsL1CCM

 隠し扉を見つけたヤムチャたち。しかし降りた先で再び合流し、
 5人はトリックタワーを進む。

『どっちに行く? 右⇒○ 左⇒×』

レオリオ「ちっ、決まってんだろこ……」

ヤムチャ「右だな。多数の気が感じられる」

クラピカ「その気とやらは、遠くの気配まで探れるのか?」

ヤムチャ「ん? まぁこのタワー全域ぐらいならわけないぜ」

レオリオ「便利だなー気ってやつは」

 

26: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:05:24 ID:dfsL1CCM

 トリックタワー リング

ベンドット「ここから先、一対一の勝負で我々5人を倒さねば
      先へは進めない」

ベンドット「一人につき一度しか戦えない。
      受けるなら○、受けないなら×だ」

クラピカ「当然受けるとして、一番手は誰が行く?」

ヤムチャ「まずオレから行かせてもらうぜ」

レオリオ「いいのか、ヤムチャ?」

ヤムチャ「ああ、連中の腕がどのくらいか試してやるさ」

ヤムチャ(とはいっても、
     あの中にもたいした奴はいなさそうだけどな……)

ベンドット「じゃあ一番手は俺……」

???「オレが行く……。もうガマンできそうにない……」

ベンドット「……ッ! わかった、お前に先鋒は譲ろう」

???「」ニィ

 

27: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:06:08 ID:dfsL1CCM

 リングに降り立った二人。ヤムチャと対面する男を見て、
 ゴンとレオリオの背筋は凍った。

ゴン「……」ゾクッ

レオリオ「なっ……! やめろヤムチャ! 戻れ!
     俺たちの負けでいい!!」

ヤムチャ「何言ってんだレオリオ。まだ始まってすらないんだぞ!」

レオリオ「いいから棄権するんだ! ヤツは……!!」

ジョネス「久しぶりに……シャバの肉をつかめる……」

 

28: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:07:16 ID:dfsL1CCM

 レオリオは叫んだ。その男の名はジョネス。
 ザパン市史上最悪の大量殺人鬼。146人の命を奪った男だと。

ヤムチャ「なるほど極悪人ってわけか……」

レオリオ「わかっただろ!? だから棄権……!!」

ヤムチャ「構わない、はじめてくれ」

レオリオ「お、おい……!」

クラピカ「よせレオリオ。既にリングに降りている。
     勝負は成立したとみなされているんだ」

レオリオ「でもよ……!」

ゴン「……ヤムチャさんなら大丈夫だよ」

キルア(さて、ヤムチャのお手並み拝見だぜ……)

 

29: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:07:54 ID:dfsL1CCM

ヤムチャ「おまえ、自分の罪を悔いたことはあるか?」

ジョネス「くっくっくっ? 悔いるだと? 何をだ?
     オレはただ肉をつまんで千切って捨てる。
     ただそれだけのことをしているだけだ……」

ヤムチャ「……」

ジョネス「これから行われるのは一方的な虐殺さ。
     試験も恩赦もオレには興味がない。
     おまえは――――……」

 ぱん

 

30: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:08:26 ID:dfsL1CCM

 小さな、小さな破裂音だった。
 それは空気が超高速で炸裂し、音が後から来た故の現象だった。

 最初に気付いたのはキルアだった。

 ヤムチャがジョネスに裏拳を打ち込んだのだ。
 だが撃った瞬間が見えたわけではない。撃ち終わりの姿勢を見て、
 そう判断できただけだ。

 次に気づいたのはゴンだった。

 ものすごい勢いでジョネスが壁にぶつかっていた。
 そのまま壁を砕き、奥へと吹き飛んで行った。

 吹き飛んだジョネスが壁を突き抜けた音を、ようやくクラピカは察した。

 たった一撃で終わったのだと。
 たった一撃で、この男は勝ったのだと。

 

31: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:09:08 ID:dfsL1CCM

受刑者たち「………………!!?」

受刑者たち「……………………………!!???」

ヤムチャ「おい! オレの勝ちだろう? さっさと次、降りてきやがれ」

レオリオ「えっ? 何が起きたんだよ!? なんでジョネスがいないんだ……??」

クラピカ「ヤムチャがタワーの外に……吹き飛ばしたのだ……」

ゴン「…………!」

キルア(ウソだろ……全く、全く見えなかった……)

ベンドット「い、いや確かに君の勝ちだが、これは勝ち抜きじゃない。
      そちらも交代してもらわなければ……」

マジタニ「おいなんなんだよ!? あんな化け物の相手なんて、お、
     オレはごめんだぜ!?」

セドカン「お、落ち着きなよ。も、もうあいつの出番は終わったから……」

レルート「こりゃあ、なめてかかったらヤバそうね」

 

32: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:09:43 ID:dfsL1CCM

ゴン「すごいよヤムチャさん! どうやったの!?」

レオリオ「ヤムチャ……お前実はとんでもねーやつなのか……?」

クラピカ「今のも気の力なのか……?」

ヤムチャ「一片に話しかけないでくれよ。みんなの話はタワーを降りて
     暇なときに答えるからさ……」

ゴン「んー! なんかオレもやれそうな気がしてきた!!
   じゃあ二番手オレがいくね!!」

 ヤムチャの一撃で士気の上がったメンバーは次々と勝ちを重ねた。

 ゴンは蝋燭を一気に噴き上げて瞬殺。
 クラピカは蜘蛛の入れ墨をみて激怒しマジタニを瞬殺。
 キルアは……。

 

33: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:10:14 ID:dfsL1CCM

ベントッド「オレの相手はキミか……」

ベンドット「悪いが子供相手でも容赦はしない」

キルア「……っ……な」

ベンドット「ん?」

キルア「うっせーよ。御託はいいから早くきやがれ」

ゴン「キルア……?」

キルア(なんだよ! ゴンはせっかくできたオレの……オレの……)

キルア(なのに、ヤムチャヤムチャって……)

キルア(クラピカもレオリオもだ。あんなやつ……)

キルア(オレだって……!!)

 

34: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:10:51 ID:dfsL1CCM

 キルアはまず、すれ違いざまにベンドットの両足の健を切断した。
 リングに転がるベンドットの、さらに両肩の筋肉を切断した。
 動けなくなったベンドットを、キルアは殴り続けた。

キルア(オレだって……オレだって……!!)

レオリオ「うえっ……もうやめろキルア! そいつもう意識ねーぞ!!」

キルア「…………」

クラピカ「聞こえていないのか?」

ヤムチャ「ヤバいぞ、あっちの男はもう死にかけだ」

ゴン「キルア―!!!!!」

キルア「!」ピクッ

 

35: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:11:26 ID:dfsL1CCM

ゴン「……どうしたの、もういいんだよ」

キルア「……」

 キルア、動かなくなったベンドットを撃ち捨て、リングを降りた。

ゴン「キルア……」

キルア「悪いゴン、ちょっと放っておいてくれ……」

ゴン「キルア……!!」

 

36: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:12:03 ID:dfsL1CCM

 最終戦、もはやするまでもないのだが、
 「せっかくだから全勝しようぜ!」というレオリオの提案で
 レオリオ対レルートが行われ、レオリオ惨敗。
 ヤムチャたちは50時間のロスを食う羽目になった。

クラピカ「ヤムチャ……」

ヤムチャ「ん? どうしたクラピカ? 
     わっ? なんだよ!? 頭なんか下げて……」

クラピカ「私に気を教えてほしい!」

ヤムチャ「え?」

クラピカ「ぶしつけな頼みなのは承知だ……だが、
     どうか頼む……!」

ゴン「あ、ずるいクラピカ! ねぇヤムチャさん! オレにも教えて!」

レオリオ「そういや気ってのは、誰でも覚えられるんだろ?
     オレにも教えてくれよ!」

ゴン「キルアも一緒に……」

キルア「オレは……今はいいよ……」

ゴン「キルア……」

 

37: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:12:37 ID:dfsL1CCM

 クラピカはヤムチャに理由を話した。
 自分は滅ぼされたクルタ族の生き残りであり、
 クルタ族を滅ぼした『幻影旅団』を倒すためにハンターを
 目指している。
 気の力を身につけることは旅団打倒に近づくカギだと。

ヤムチャ「復讐、か……」

クラピカ「常識から考えて、復讐など目指すものに、
     力を授けられないというのはわかる……」

クラピカ「だが、私には力が必要なんだ……!!」

ヤムチャ「……いいぜ。教えてやるよ」

クラピカ「本当か!」

ヤムチャ「ああ、ただし……」

ヤムチャ「気の……身につけた力を悪いことに使うのはなしだ。
     あくまでその旅団とかいうのを倒すためだけに使ってくれ!」

クラピカ「誓おう……」

ヤムチャ「よし、じゃあ教えるよ。もっとこっちに……」

 

38: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:13:07 ID:dfsL1CCM

~~~~~~~

ヤムチャ「だめだめ。レオリオはもっと心を落ち着かせて……
     最初は落ち着かないと、気を引き出せないぞ」

レオリオ「うぐぐ、難しいぞ全然わからねェ……」

ゴン「あっ! ねぇヤムチャさんこれ……?」

ヤムチャ「おっ! そうだゴン。その小さな光の玉が
     おまえの気の集まりだ! うまいぞ」

クラピカ「……!」

ヤムチャ「クラピカはもっと肩の力を抜いた方がいいな」

クラピカ「そうか」

 

39: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:13:38 ID:dfsL1CCM

~~~~

ゴン「す、すごいよクラピカ! ちょっと浮いてるよ!!」

クラピカ「しっ、静かに、ゴン。集中させてくれ……」

レオリオ「くっそー! まだ俺だけ何もできてねーぜ」

~~~~~~

 そしてあっという間に50時間が流れた。

 

40: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:14:14 ID:dfsL1CCM

 飛行船の中

キルア(……ヤムチャ!)

ヤムチャ「なんかハンター試験ってやつも大したことないな~」

プーアル「そうですね……ヤムチャさまにはちょっと物足りないですよね」

ヤムチャ「神龍もなんでこんなとこにオレを送ったんだろな?」

キルア(ふざけやがって……! オレだって……オレだって……)

 キルア、自信の手を鋭く変化させる。

キルア(オレだって……!!)

ヤムチャ「そう殺気立たれたら地球の裏側にいてもわかるぞ」

キルア「!?」

 

41: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:14:56 ID:dfsL1CCM

 キルアは驚いて振り返った。そこにはヤムチャがいた。
 もう一度振り返ると、そこにヤムチャはいない。

キルア(そんな……オレに全く気付かれずに背後にまわったのか……
    ウソだ……! 全く見えないなんて……そんなこと……!)

キルア「さ、さすがに速いんだね……」

ヤムチャ「ん、まぁな」

ヤムチャ「それよりまぁ座れよ。話そうぜ」

 ヤムチャはキルアと並んで座った。

 

42: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:16:35 ID:dfsL1CCM

ヤムチャ「なぁ、おまえなんかトリックタワー以降、ピリピリしてるよな」

キルア「……あんたのせいだよ」

ヤムチャ「ああ、やっぱりか」

キルア「オレは……暗殺一家で生まれ育った。物心つく前から人を殺す技ばかり学んできた。
    自慢にもならないけどさ……これでも結構自信あったんだぜ」

キルア「でも、やっぱりオレ。普通に友達作りたかったんだ……。
    同じ年の友達作って……普通に遊んだりバカなことで笑ったり……」

キルア「そういうことをしたかったんだ……」

ヤムチャ「……」

ヤムチャ「なるほど、友達に自慢できる唯一の特技すらこのオレに敵わない。
     ゴンはオレのことを見てくれない。だからどうしたらいいかわからない、
     ってとこか」

キルア「……!」

 

43: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:17:11 ID:dfsL1CCM

ヤムチャ「あのな、勘違いされたら困るんだが」

ヤムチャ「オレの技はあくまで武術だってーの」

ヤムチャ「敵と戦う術ではあるけど、殺しを目的とした技じゃねー」

キルア「それでも、同じさ」

ヤムチャ「それに、ゴンはお前のこと見限ってなんかいねーよ」

キルア「……!」

ヤムチャ「それどころか、キルアが心配だって、オレたちにしきりに
     相談してきたんだぜ? おまえは心を閉ざしてたから
     気付かなかったかもしれないが」

キルア「……そう、なの……?」

 

44: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:17:41 ID:dfsL1CCM

ヤムチャ「ああ! まぁお前の気持ちはよくわかるよ」

ヤムチャ「オレも、もといた場所じゃ。戦力としては微妙扱いだからな……」

キルア「えー……。それはウソだろ!」

ヤムチャ「ウソじゃないんだよなぁ……。オレがハンター試験受けてるのも
     修行としてももっと強くなるためだし……」

キルア「じゃあ期待外れだったんじゃない?」

ヤムチャ「うん、正直……」

キルア「……ねぇ、ヤムチャの話を聞かせてよ」

ヤムチャ「ん、いいぞ(恥ずかしい部分は省いとくけどな……)」

 

45: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:18:18 ID:dfsL1CCM

 ヤムチャはキルアにこれまでの戦いを話し始めた。
 天下一武道会、ピッコロ大魔王、マジュニア、サイヤ人……。
 まるで作り話のような、おとぎ話のような冒険譚に、キルアは聞き入った。

キルア「じゃあ、ヤムチャはもう何回も世界を救う戦いに参加してんだね」

ヤムチャ「はは、まぁな……大した力にはなれなかったけど。
     っていうか、信じるのか? オレの話」

キルア「あんなとんでもない力を見せられた後だしね」

キルア「信じるしかねーよ」

キルア「……なぁヤムチャ」

ヤムチャ「ん?」

キルア「やっぱり、俺にも気を教えてくれないか」

ヤムチャ「……」

キルア「やっぱりだめ?」

 

46: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:19:02 ID:dfsL1CCM

ヤムチャ「いや、いいぞ。ただし、先にゴンに謝ってからだ」

キルア「えっ……」

ヤムチャ「友達に散々心配かけてたんだ。まず謝りに行くのが
     スジってもんだ!」

キルア「友達……オレが、ゴンと……」

ヤムチャ「さ、いって……」

ゴン「あっ! ヤムチャさーん! キルア!!」

 

47: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:19:32 ID:dfsL1CCM

ヤムチャ「ゴンか! どうした? ってあんたはネテロさん?」

ネテロ「ホッホッホッ。キミは確かヤムチャくんだったの」

キルア「なにしてんだ、ゴン」

ゴン「今ね、ネテロさんとゲームしようって話になったんだ。
   それでキルアも誘おうと思って探してたんだよ!」

キルア「オレを……探してくれたのか」

ゴン「あったりまえじゃん。友達だもん!」

キルア「ゴン……」

ネテロ「ほっほっほっ、青春じゃの~」

プーアル「よかったですね、キルアくん」

 

48: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:20:05 ID:dfsL1CCM

ネテロ「ヤムチャくんもどうじゃ? 退屈しとるじゃろ?」

ヤムチャ「あ、オレはいいです。二人の邪魔したくないし……」

ネテロ「……そうか、では行こうかの」

ゴン「ほら、キルアこっちだよ」

キルア「あっ、待てよゴン!」

 キルア、立ち去る前に一度振り返る。

キルア「あの……ヤムチャ……ありがと……」

 ヤムチャは笑顔で二人を見送った。

ネテロ(ヤムチャ……か。クックックッ、震えが止まらねーぜ……)ブルブルッ

 

49: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:20:40 ID:dfsL1CCM

 ゼビル島での試験はプレートの奪い合いであった。
 広大な島でターゲットを探すのさえ苦労するものだが、
 気で気配を探り、舞空術で接近できるヤムチャには関係なかった。

ヤムチャ「さて、プレートも得点分集めたし、
     時間までぶらぶらするか」

 第四次試験はヤムチャにしてみればかつてないほどに簡単であった。

 

50: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:21:19 ID:dfsL1CCM

ゴン「ヒソカ……」

ヒソカ「くっくっくっ……どうしたんだい? 短期間でまるで見違えたよ♦」

ゴン(見える……ヒソカのオーラが! ヒソカも気の使い手だったんだ……!)

ヒソカ「ヤムチャ、彼に教えてもらったんだね? やはり彼も素晴らしい……❤」

ヒソカ「プレートは返してあげる♦ 
    キミがボクに一撃返せるようになったら、改めて受け取るよ♠」

ゴン(今のオレじゃ勝てない……くやしいな……)

 

51: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:22:00 ID:dfsL1CCM

  最終試験前、飛行船。試験官室。

ネテロ「10人中7人ルーキーか! 今年は豊作じゃのう!」

メンチ(な、なんか会長妙にテンション高くない?)

ブハラ(ホラ、アレだよ406番……)

ネテロ「みんな誰に注目しとるかね?」

メンチ「あたしは294番(ハンゾー)ですかねー」

ブハラ(スシ知ってたしね)

ブハラ「オレは44番(ヒソカ)かなー。やっぱうん。別格だと思うよ」

サトツ「私は将来性を見て99番(キルア)ですかね。
    あの歳であの隙のなさは中々ですよ」

ネテロ「ふむふむ。確かに皆の意見ももっともじゃな」

リッポー「おまえらわかってないな。一番ヤバいのは406番だよ」

 

52: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:22:40 ID:dfsL1CCM

メンチ「わかってるわよー。むしろ当たり前すぎて誰も口にしないアレよ、これは」

サトツ「私は彼はどうかと思いますが……念能力者としては大したものだと思いますが、
    ハンターとしてはどうかと……」

リッポー「おまえらはトリックタワーでのアイツを見てないから、
     そんなことが言えるんだよ」

ブハラ「でも、実際何者なんだろうなぁ」

サトツ「底の見えないオーラ量。よどみないオーラの流れ。おそらく強化系でしょうが、
    あれほどの使い手はプロハンター、賞金首の世界でもそうそういないと思います」

ネテロ「うん、ていうかあいつ多分わしより強いぞ」

試験官たち「!!?」

メンチ「さ、さすがにそれはないでしょ……」

サトツ「ま、まさかプロ資格もない、名前も知られていない者の中に、
    会長より強い念能力者など……」

ネテロ「ま、すぐにわかるさ」ニィイ

ブハラ(あ、会長が悪い顔してる……)

 

53: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:23:40 ID:dfsL1CCM

 最終試験の前に、受験者たちはネテロに面接を受けることになった。

ネテロ「まぁ座りなされ」

ネテロ「最終試験前に、2,3質問させてもらうぞ」

ヤムチャ「はぁ……」

ネテロ「よし、ズバリ聞くけどよ。ヤムチャくんって何者?」

ヤムチャ「え? なんすかその質問……?」

ネテロ「これ見えるじゃろ?」

 ネテロ、オーラで人差し指の先に塊をつくる。

 

54: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:24:19 ID:dfsL1CCM

ヤムチャ「あー、やっぱりネテロさんも気を使えたんですね!」

ネテロ(気? こいつは念だが……)

ネテロ「ヤムチャくん。キミも同じ力が使えるなら」

ネテロ「ちょっと見せてくれんかの?」

ヤムチャ「いいですよ」

 ヤムチャ、立ち上がり手を腰だめに構える。

ヤムチャ「ハッ!」

  グ   ア    ッ   !!!

 

55: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:24:58 ID:dfsL1CCM

ゴン「!」

クラピカ「!」

レオリオ「!」

キルア「!」(ゴンに気を教えてもらってる所

ヒソカ「!!」(バラバラ(トランプタワーが崩れる。

試験管たち「!!!!」

クラピカ「なっ、なんだこの恐ろしい気は……!!」

ゴン「ヤムチャさんだ! ヤムチャさんの気だよ!!」

レオリオ「ヤムチャの……ウソだろ? 
     と、トンデモねーデカさじゃねーか!!」

キルア(……! じ、次元が違う……!!)

ヒソカ「」ズギュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!!!!!

 

56: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:25:36 ID:dfsL1CCM

ネテロ「……もうよいぞ」

ヤムチャ「えっ、わかりました」

ネテロ「……ん。ありがとうよ。さがってくれ」

ヤムチャ「えっ? もういんすか?」

ネテロ「……ああ」

 ヤムチャ、退室する。

ネテロ「…………」

 ネテロの両腕は震えていた。
 それはヤムチャの気に圧倒された故であり――

ネテロ「」ニヤリ(ブルブル

 かつて見たこともない強大な相手に対する武者震いであった。

 

57: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:26:25 ID:dfsL1CCM

 飛行船内

サトツ「ネテロ会長。入ってもよろしいですか?」

ネテロ「いや、入らんでくれるか? 要件はここで聞く」

サトツ「会長のおっしゃる通りにトーナメント表が完成しましたので、
    報告を……」

ネテロ「ああ、センキュ」

サトツ「会長……本気ですか?」

ネテロ「……」

サトツ(応接を終えてから、会長は部屋にこもりきり……)

サトツ(会長は本気だ……)

 

58: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:26:59 ID:dfsL1CCM

最終試験会場

ボドロ「負けあがりトーナメントとはな……」

ポックル「ってことは、不合格は一人か、へへ。運がめぐってきたぜ」

ネテロ「ルールは単純。相手に負けを認めさせたら勝ち!
    武器OK反則ナシ! ただし相手を死に至らしめたら失格。
    その時点で残りの者が合格となる」

ヤムチャ「あの~ネテロさん」

ネテロ「なんじゃ、ヤムチャくん?」

ヤムチャ「トーナメント表に、オレの番号がないんですが……」

ネテロ「ああ、すまんの。ヤムチャくんだけはちょっと
    別の最終試験を受けてもらうことにした」

ヤムチャ「ええ? まじすか!?」

ネテロ「うん」

ハンゾー(どうでもいいけどなんでじーさんはTシャツ短パンなんだよ?)

 そして始まった。

 

59: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:27:35 ID:dfsL1CCM

 一回戦。ハンゾー対ゴン。
 接戦の果てに、技術の差でハンゾーが勝利しかけるも、
 負けを認めないゴンに根負けし、ハンゾーが勝ちを譲る。

 二回戦。ハンゾー対ポックルはハンゾーが瞬殺した。

 三回戦。問題はここでおこった。

イルミ「やぁキル」

キルア「あ、兄貴……」

ヤムチャ「え? キルアの兄ちゃんか!?」

レオリオ「つーか骨格から変わってんじゃねーか……おえッ」

イルミ「オレも次の仕事で資格が必要でさー。
    奇遇だね、キルも試験を受けに来てるなんて」

 

60: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:28:09 ID:dfsL1CCM

イルミ「でもキルはなんでハンターになりたいの?」

キルア「お、オレは……」

イルミ「ダメだよ、キル。おまえの天職は殺し屋なんだから」

イルミ「オレと親父にそういう風に育てられたんだ」

イルミ「おまえは闇人形。何も欲しがらないし、何も望まない」

イルミ「だろう?」

キルア「……!」

キルア「違う……」

 

61: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:28:48 ID:dfsL1CCM

キルア「オレだって……普通の子供みたいに遊びたい」

キルア「ゲームとかしたり……お菓子食べたり……」

キルア「友達もできたんだ……」

イルミ「それはあのゴンって子かい?」

イルミ「それは錯覚だよ、キル」

イルミ「おまえは人間を殺せるか殺せないかでしか見れない」

イルミ「今はゴンのことをはかりきれてないだけだ」

イルミ「そのうちおまえはゴンを殺したくなるよ」

キルア「……殺せるか殺せないか、か……」

 

62: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:29:28 ID:dfsL1CCM

キルア「はは、兄貴も鈍いんだね」

イルミ「?」

 

63: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:30:08 ID:dfsL1CCM

 外野ではレオリオ達が叫んでいる。が、
 キルア達はまるで他人事のように話をつづける。

キルア「オレは知ったんだ。 
    たぶんオレが死ぬ気で修行しても、勝てない奴らがいるってことを」

キルア「暗殺一家? 殺人鬼のエリート? ははっ、ちっちぇよ。兄貴」

イルミ「キル……?」

キルア「ゴンはオレの友達だ。あいつに何かしようってんなら!
    兄貴だろうと、親父だろうと! オレが相手になってやる!!!」

イルミ「……!!」

レオリオ「よく言ったぞキルア!! そん時はオレも加勢するぜ!!!」

イルミ「……キル」

キルア「さぁこいよ兄貴! 兄弟げんかだ!」

 

64: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:30:46 ID:dfsL1CCM

 結果として、キルアはイルミに惨敗した。
 しかしその負け顔は晴れ晴れとしたものだった。
 一方、イルミの方は苦渋に歪んだ顔だった。

ヒソカ「子供の成長は早いよねぇ♦」

イルミ「ヒソカ、今冗談を言える空気かな?」

ヒソカ(あらあら♠ 内心相当ショックを受けてるね♦)

 こうして最終戦まで終えた。不合格はポックルであった。

 

65: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:31:22 ID:dfsL1CCM

ネテロ「さて、これで一通りおわったの」

ヤムチャ「ちょっと待てよ! まだオレが……」

ネテロ「ヤムチャくん、外でよか?」

 外に出た一行。ネテロが遠くを指さした。

ネテロ「こっから30kmぐらいいったとこに
    広ーい荒野がある。そこでやろうや」

ヤムチャ「え? どういうことっすか?」

ネテロ「鈍いねェ。おまえの相手はオレがするって意味だよ」

 

66: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:32:24 ID:dfsL1CCM

クラピカ「会長!」

ネテロ「ん?」

クラピカ「その試合、我々も観に行ってもいいだろうか」

ネテロ「まぁ構わねェよ。自信なくさねェならな」

ネテロ「さて、行こうか。ついてこれるか?」

ヤムチャ「ああ、そういうことか。いいっすよ!」

 そういうと、ヤムチャとネテロはものすごい速さで駆け出した。
 一瞬で視界から消えた二人に、クラピカ達は見呆けていた。

クラピカ「し、しまった! 急いで追いかけるぞ!!」

 

67: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:33:20 ID:dfsL1CCM

 ――――荒野

ネテロ「流石だな、余裕でついてきやがった」

ヤムチャ「ひどいぜネテロさん。これじゃオレ以外
     誰もついてこれないだろ」

ネテロ「へっ、ギャラリーがいなきゃ本気出せねぇか?」

ヤムチャ「そういうわけじゃないけどさぁ」

サトツ「はぁ……はぁ……ではこの試合は私が立ち会いを務めさせていただきます」

ネテロ「おーサトツか。よく追いついたもんだ」

サトツ「ええ……はぁ……正直見失うかと思いました……ぜぇ……」

ネテロ「んじゃー立会人もきたとこで……」

ネテロ「やりますか」

 

68: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:34:02 ID:dfsL1CCM

 ネテロが両の手を合わせた。同時に、ネテロの背後に千手観音が出現する。
 そして放たれる、一撃。

 『百式観音・壱乃掌』

 それはヤムチャに上方から激突し、地面に大きな裂け目を造った。

ネテロ(――――硬ぇな、さすがに……)

ヤムチャ「おお、すげぇや全然見えなかった……」

 ヤムチャは何事もなかったかのように立ち上がった。

ネテロ(ま、そうこなくちゃよ)

 ネテロは再び手を合わせた。同時にヤムチャも駆けだした。

 

69: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:34:41 ID:dfsL1CCM

 戦いの場にようやくたどり着いたクラピカ達は、絶句した。
 その戦いの、あまりの別次元っぷりに。

クラピカ(速――? 上? いや下? 
     いや今のは右から……もうあそこまで移動している……)

レオリオ(か、会長の攻撃も、ヤムチャがどう動いてるかも全く見えねェ……
     な、なんなんだこりゃ……何が起こってんだ……)

ハンゾー(おいおいウソだろ……こいつら人間じゃねー……)

クラピカ「レオリオ。見えるか? 会長の後ろ……」

レオリオ「気を感じれるから、見えるッちゃ見えるが。
     何がどうなってんのかさっぱりだ……」

キルア(やっぱり、あの話マジだったんだな……)

 

70: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:35:41 ID:dfsL1CCM

ネテロ「九十九乃掌!!」

ヤムチャ「くっ!」

 ネテロの攻撃はヤムチャに一切ダメージを与えていない。
 しかし、ヤムチャは驚いていた。
 おそらく戦闘力だけならネテロはヤムチャの1/1000にも満たない。
 事実、スピードもパワーも耐久力も、ヤムチャの方が遥かに上である。
 しかし、ヤムチャには百式観音の初動が見えなかった。

ヤムチャ(どういうことなんだよ? オレの方が速く動いてる。
     間違いなくネテロさんの攻撃より、オレがネテロさんの
     懐に入る方が速いはずなのに……!)

 何度跳びかかっても、ヤムチャのスピードより、ネテロが手を合わせる速度が速い。
 そこから繰り出される攻撃は、攻撃の気の気配も全くないため
 どの方向から飛んでくるかを予測することすらできない。

ヤムチャ「くっ……」

ネテロ(こんだけ撃ってダメージなしかよ……全く、嬉しいぜ!!)

 

71: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:36:26 ID:dfsL1CCM

 矢継ぎ早に飛びかかって来るヤムチャ。
 ネテロは歓喜していた。万分の一秒でも気を抜けば、消し飛ばされるこの感覚。
 分かっている。このまま観音で攻撃し続けても大した効果はない。
 ジリ貧だ。しかし、だからこそ意味がある。

 だからこそ喜びがある。

 敗色濃い難敵に、全身全霊を持って挑む――それこそ、
 アイザック=ネテロが求めてやまないモノだからだ。

ネテロ(感謝するぜ! おまえと出会えた、これまでのすべてに……!!)

 ネテロの打撃が、やがてヤムチャを包むように繰り出される。

ネテロ(百式観音――)

 観音像の口が開く、そこから恒星をも思わせるまばゆい輝きが漏れる。

サトツ(会長、まさか零を――!?)

ネテロ(零乃――……!?)

 

72: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:37:22 ID:dfsL1CCM

 そこでネテロは気づいた。包み込んでいるヤムチャから、
 凄まじいオーラが発せられている。
 ネテロの観音の零を、恒星の光と例えるなら、
 ヤムチャの発するそれは巨大な惑星そのものが凝縮したようなエネルギー。

ヤムチャ「かめはめ波ー!!」

ネテロ「――零乃掌!!」

 ヤムチャから打ち出された気弾は、零の咆哮を容易く掻き消し、
 観音像の右手全般を根こそぎ消しとばし――

 背後の小山に炸裂し、その存在をまとめて消し飛ばした。

クラピカ「……!!?」

サトツ(ば、バカな今のは……強化系だけでなく……。
    ま、まさか放出系も100%極めているというのですか……!!?)

 

73: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:37:52 ID:dfsL1CCM

ヤムチャ「やべ、やり過ぎた」

サトツ(会長の観音の右半分が消し飛んだ……。
   それはつまり、会長があの念弾を受けた際にイメージした
   ダメージということ。アレが直撃していれば……)

ネテロ(……零が全く通じねェだと……まいったぜ、
    ちょっとは通ると思ったんだがな……)ゼェハァ

 勝敗は誰の目にも見えていた。
 疲弊しきったネテロと、今だ衰えのないヤムチャ。
 ネテロはそれでも構えを、手を合わせようとした。

ヤムチャ「参った。降参です」

ネテロ「!?」

見物人たち「!!?」

サトツ「な、なんですと……?」

 

74: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:38:30 ID:dfsL1CCM

ヤムチャ「この試験は殺したら失格なんでしょ?」

ヤムチャ「悪いけど、オレにはネテロさんの技を、
     殺さずに突破する方法が思いつかねーんだわ」

ヤムチャ「だから、降参します」

ネテロ「ま、まてよ……まだ……!」

ヤムチャ「いったん不合格になったら、取り消しは効かないんでしょ?」

サトツ「は、はぁまあそうですが……しかし」

ヤムチャ「ありがとうございました。ネテロさん。勉強になりました」

ネテロ「……」

ネテロ(参ったゼ……完敗だ……)

 

75: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:39:06 ID:dfsL1CCM

ヤムチャ「じゃあ、キルアはいったん家に帰るんだな?」

キルア「ああ。勝手に家でてきちまったからな。けじめはつけないと」

ゴン「オレはキルアについていくよ!」

レオリオ「オレはこれから勉強だ。医大受験にむけてな!」

クラピカ「私は……ヤムチャについていってもいいだろうか?」

ヤムチャ「オレに? なんで?」

クラピカ「会長との戦いで、私は確信したのだ」

クラピカ「気の力を極めれば、旅団を倒せると」

 

76: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:39:47 ID:dfsL1CCM

クラピカ「もっと気のことを知りたい」

ヤムチャ「んー。まぁいいけど。ま、オレも一から修行し直すし、
     せったくだからつき合ってくれよな!」

クラピカ「もちろんだ。よろしくヤムチャ」

プーアル「ボクも忘れないでくださいよ~」

クラピカ「プーアルもよろしく」

 

77: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:40:20 ID:dfsL1CCM

ヤムチャ(ネテロさんと戦って思い知った)

ヤムチャ(オレは、いやオレたちは戦闘力って奴に、縛られてたんだ)

ヤムチャ(武術を極めたら、戦闘力が足りなくても、戦っていける)

ヤムチャ(悟空たちと同じ道を進んだって、かないっこないんだ)

ヤムチャ(オレはオレの道を行くぜ……!)

ヤムチャ(神龍はそれを学ぶ場として、ハンター試験を受けさせてくれたのかもな)

 

78: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:40:53 ID:dfsL1CCM

クラピカ「ヤムチャ、どうしたボーっとして。おいてくぞ」

プーアル「ヤムチャさま~。はやくはやく~!」

ヤムチャ「ああ、今いくよ!」

 こうして、ヤムチャは自らの道を見定め、
 それを極める修行を開始するのだった。

 

79: ◆seQBwpiAy2 2019/01/15(火) 16:41:29 ID:dfsL1CCM

サトツ「会長、本気ですか?」

ネテロ「うん。もう決めたことじゃ」

ネテロ「わし会長止めるから」

メンチ「ちょっと会長!」

ネテロ「次の会長は十二支んから選んでもいいし、
    選挙で決めてもいい。あいつらに任せるわい」

ネテロ「わしちょっと山にこもるから」

ネテロ「そんじゃな」

 そういってネテロは協会を後にした。
 その顔は童心に帰ったように若々しく、そして清々しい顔をしていたそうだ。

つづく?

 

80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/15(火) 16:48:49 ID:xA656ESs

テンポが良いからさくさく読めた
ヤムチャの対人スキルはさすがだな

 

81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/15(火) 17:27:22 ID:sS6et9XQ
続き気になりますねぇ

 

85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/16(水) 19:25:05 ID:nJvcLBxs

トリないけど>>1です
感想ありがとうございます。すげー励みになる

今続編書いてるけどこのスレに直接書けばいいのか
新しくスレ立てしてもいいのかわからん

 

91: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 14:52:55 ID:pWKe3jUQ

つづきです

 ハンター試験を終えたヤムチャたち(ヤムチャは不合格だった)。
 ヤムチャは行動を共にしたクラピカと話し合い、この地球がどうやら
 自分がいた地球とは別の星であることに気付いた。

 最初は驚いたヤムチャであったが、まぁそれはそれでいいとして納得していた。

 それよりも、戸籍もなにもないヤムチャではまともな職もアルバイトにも就けるはずもなく、
 プロハンターのクラピカ助手として、『賞金首(ブラックリスト)ハンター』の手伝いをして
 修行も兼ねた生活を続けていた。

 クラピカは出かけていてヤムチャ一人だった、そんなある日。
 ヤムチャ達の寝泊りする安ホテルに、男が訪ねてきた……

 

92: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 14:54:22 ID:pWKe3jUQ

男「おう、アンタがヤムチャか!」

ヤムチャ「誰だあんた? オレに何か用か?」

 ガタイの良い男だった。顔には傷が入っていて、只者ではない空気を纏わせていた。

男「ヤムチャ、おまえは最近、『賞金首(ブラックリスト)ハンター』として名を売ってるそうじゃねぇか」

ヤムチャ「だったらなんだ?」

男「おまえの腕を見込んで、スカウトしに来たんだ」

男「ヤムチャ、おまえオレのとこの陰獣にならねェか?」

 

93: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 14:54:57 ID:pWKe3jUQ

クラピカ「なんだって! そ、それは本当か!? ヤムチャ!」

ヤムチャ「本当だって、本当本当。で、陰獣ってなんなんだ?」

 ヤムチャは帰ってきたクラピカに事の次第を話した。
 クラピカは驚いていた。

クラピカ「陰獣とは、世界中のマフィアを束ねる十老頭。それぞれの長の、
     組織最強の武闘派を用いて結成された……言ってしまえばマフィアの最高戦力部隊だ」

ヤムチャ「マフィアの!? うぇ! そ、それって結構ヤバい奴らなんじゃ……」

クラピカ「そうだ。この世界の裏の支配者(フィクサー)の兵隊だ」

ヤムチャ「うーん……マフィアか……」

 

94: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 14:55:39 ID:pWKe3jUQ

クラピカ「ヤムチャ、受ける必要はない。陰獣に入れば否応が無くマフィアの敵を殺さねばならなくなる」

クラピカ「大抵はクズだろうが……。中には殺すべきではない相手を殺せと言われることもあるだろう」

クラピカ「キミには向いていない」

ヤムチャ「よし、受けることにするよ」

クラピカ「ヤムチャ!?」

ヤムチャ「だって、マフィアの最高戦力だぜ?」

ヤムチャ「ってことは、幻影旅団の情報が入ってくる確率は高いんじゃないか?」

クラピカ「!!」

 

95: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 14:56:15 ID:pWKe3jUQ

 クラピカはつい先日、マフィアのノストラードファミリーの用心棒として雇われていた。
 『緋の眼』を探すためには必要なことだとヤムチャを納得させて。

クラピカ「た、確かにそうだが……」

クラピカ「十老頭はヨークシンの闇オークションを取り仕切っている……」

ヤムチャ「だろ? だったら緋の眼を探すのにも役立つし、一石二鳥じゃないか」

プーアル「さすがですヤムチャさま~」

クラピカ「し、しかし一度陰獣に入ればそう簡単には抜けられなくなるぞ」

ヤムチャ「ま、そんときはそんときに考えるさ。それに……」

ヤムチャ「いざとなったら、力付くで抜けてやるさ!」

 

96: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 14:56:51 ID:pWKe3jUQ

クラピカ「…………」

クラピカ「……ヤムチャ」

ヤムチャ「ん?」

クラピカ「……すまない」

ヤムチャ「いいってことよ」

 

97: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 14:57:29 ID:pWKe3jUQ

 ヤムチャは十老頭の使いに返事を出した。
 そして、正式に陰獣となった。

 ほかの陰獣に挨拶したいというヤムチャのため、
 何人かの陰獣が集められた。

ヤムチャ「おす! オレが先日陰獣にはいりましたヤムチャです」

陰獣たち「……」

ヤムチャ「コードネームはまだないんだけど……」

ヤムチャ「な、仲良くしてくれよな……はは……」

 

98: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 14:58:08 ID:pWKe3jUQ

病犬「おい、新入り」

ヤムチャ「お、なんだなんだ! 何でも聞いてくれよな」

病犬「オレは病犬ってんだ。おまえの念能力はなんなんだ?」

ヤムチャ「えっ?」

病犬「新入りは念能力をメンバーに包み隠さず明かすキマリだぜ?」

病犬「オレたちは仲間なんだからよ」

病犬「隠し事はなし、ってわけだ」

豪猪(病犬のイビリが始まったんだな、うん)

蛭(くっくっくっ、そう言ってアイツの念能力だけ聞きだして)

蚯蚓(自分は教えない……良い性格してるぜ……)

ヤムチャ「ああ、えーっと……」

 ヤムチャは念の修業を受けた時を思い返す――。

 

99: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 14:58:41 ID:pWKe3jUQ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イスナビ「ヤムチャ、その気の力ってやつは、できる限り隠しておけ」

ヤムチャ「えっ? どういうこと」

クラピカ「ワケを聞いてもいいか」

イスナビ「……いいか、その気と念は、よく似ているが全くのべつもんだ」

イスナビ「生命エネルギーが具象化したものなのは同じだが、質がまるで違う」

イスナビ「気を無理やり念で例えると、強化系と放出系を100%極められる特質系ってことになる」

イスナビ「ハッキリ言おう」

イスナビ「これは念能力の概念を根本から覆しちまうシロモノだ」

 

100: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 14:59:19 ID:pWKe3jUQ

ヤムチャ「そうなのか……?」

イスナビ「前に話したように、念にはいくつかの決まりがある」

イスナビ「一つは念能力は本人の資質に大きく左右される」

イスナビ「そもそもどの系統の力が身につくかという点」

イスナビ「発現した能力がどんなものになるかという点」

イスナビ「能力の限界強度はあくまで、基本的には人間の限界を超越しない点」

イスナビ「だが、気は違う」

 

101: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 14:59:56 ID:pWKe3jUQ

イスナビ「ヤムチャの話とクラピカの気の習得具合を見るに」

イスナビ「気は誰でも同じ能力が習得可能なんだろう?」

イスナビ「これは非常に危険な話だ」

ヤムチャ「なんで……?」

クラピカ「どんな人間でも習得でき、一定以上の強さを発揮する……」

クラピカ「能力は人の善悪を選ばない」

ヤムチャ「!」

イスナビ「……そういうことだ」

 

102: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:00:46 ID:pWKe3jUQ

イスナビ「その力をもし極悪人が――」

イスナビ「例えば、おまえが追ってる幻影旅団の人間が手にしたらどうなる?」

ヤムチャ「……」

クラピカ「……」

イスナビ「そういうことだ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

103: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:01:20 ID:pWKe3jUQ

ヤムチャ「ああ、オレは強化系なんだ!」

病犬「強化系……」

蛭(ということは固有な能力は持ってないってことか……)

豪猪(ある意味期待外れなんだな、うん)

病犬「だったら練を見せてみろよ」

ヤムチャ「ああ、いいぞ(軽く軽ーく……)」

ヤムチャ(このくらいかな……)

 ボ ッ

 

104: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:01:55 ID:pWKe3jUQ

病犬「……!」

蛭(へぇ……)

豪猪(なかなかのオーラなんだな、うん)

病犬「……やるじゃねぇか」

ヤムチャ「あっ、おい! あんたたちの能力は……」

病犬「ま、そのうち教えてやるよ。クククッ……」

ヤムチャ「そ、そうか……」

ヤムチャ「なあ、オレは何してたらいいんだ?」

病犬「好きにしてろよ。オレたちは十老頭からお呼びがかかったら動くが、
   それ以外の時は好き勝手してるぜ」

ヤムチャ「そうか……。じゃ、オレはとりあえず帰るわ」

ヤムチャ「これからよろしくな、病犬と、えーっと……」

豪猪「豪猪なんだな、うん」

蛭「オレは蛭……」

蚯蚓「蚯蚓だ……」

ヤムチャ「じゃーな、豪猪! 蛭! 蚯蚓!」

 

105: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:02:29 ID:pWKe3jUQ

 格安ホテル

プーアル「あ、ヤムチャさまおかえりなさい~」

ヤムチャ「おう、帰ったぜ。アレ? クラピカは?」

プーアル「クラピカさんはお仕事で今日は帰れないそうです」

ヤムチャ「そっか、ならしばらくお前と二人だな」

プーアル「そうですね~」

 

106: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:03:43 ID:pWKe3jUQ

 そしてしばらくは何もない日々が続いた。
 ヤムチャはくそまじめに基礎的な修行に励んでいた。

ヤムチャ(今までの修行を思い出すんだ……)

ヤムチャ(心を無にして……雷より素早く動く!)

ヤムチャ(気に頼るんじゃなく、空気のちょっとした流れを感じるんだ……)

 そして、ある日。ヤムチャに十老頭から司令が入る。

 オークションの競売品が賊に奪われた。
 賊は只者じゃなく、念能力者である。とのことだった。
 ヤムチャは急いで現場に向かった。

 

107: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:04:15 ID:pWKe3jUQ

 郊外の砂漠

 ヤムチャはクラピカの気を感じ、先にそちらに向かった。
 クラピカたちは既にほかの陰獣たちと接触していた。

ヤムチャ「あ、やっぱりクラピカか!」

クラピカ「や、ヤムチャ! そうか、陰獣になったんだったな……」

ダルツォルネ「クラピカ……そ、その男も陰獣か」

クラピカ「はい。ヤムチャと言います。私の師の一人です」

スクワラ「なっ! クラピカおまえ陰獣とつながりがあったのか……!?」

バショウ「ただものじゃねーとは思ってたが……」

センリツ(この人、とても暖かい音をしている……)

 

108: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:04:47 ID:pWKe3jUQ

病犬「ヤムチャか、遅かったじゃねーか」

豪猪「今から殺しに行くんだな、うん」

蛭「ま、新入りのおまえは黙って見てるといいぜ」

 ヤムチャは遠くのウヴォーギンを見た。
 そして言った。

 

109: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:05:41 ID:pWKe3jUQ

ヤムチャ「あ、あのさ。オレ一人にやらせてくれない……?」

病犬「なんだと!?」

豪猪「何を言ってるんだな、うん」

ヤムチャ「いや、さ。ほらオレ入ったばかりの新入りじゃん」

ヤムチャ「手柄を立てて認められたんだよなーって……」

陰獣たち「……」

ヤムチャ「あ、無理ならいいんだよ無理なら! オレが手柄全部もってくのもアレだし……」

病犬「なに……!」

豪猪「まるで一人でもあいつに勝てると言ってるんだな、うん」

クラピカ(ヤムチャ……優しい男だ)

 

110: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:06:14 ID:pWKe3jUQ

クラピカ(あの蜘蛛の男の放つオーラはこの陰獣たちより圧倒的に上だ)

クラピカ(戦えば間違いなく全員殺されるだろう)

クラピカ(それを……この男は……)

病犬「けっ、じゃあ良いぜテメェに譲ってやる!」

蛭「せいぜい殺されてこい」

豪猪「骨くらいは拾ってやるんだな、うん」

ヤムチャ「サンキュー!」

クラピカ「ヤムチャ!」

 

111: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:06:52 ID:pWKe3jUQ

ヤムチャ「なんだクラピカ」

クラピカ「できるなら、生かしたまま捕えてほしい」

ダルツォルネ「クラピカ! 何を言っている!?」

スクワラ「あの化け物を生かしたまま捕える……? 無理に決まってんだろ」

ダルツォルネ「すまない、今のは気にしないでくれ……」

ヤムチャ「いやいいぜ。元から殺すつもりはねーしな」

クラピカ、センリツ以外「!!!?」

センリツ(心音は安定してる……この人はウソを言ってるつもりでも、
     強がりでもないわ……本心でできると思ってる……)

センリツ(それにこのクラピカの音からは圧倒的な信頼が聞き取れるわ……)

 

112: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:07:27 ID:pWKe3jUQ

 ヤムチャは堂々と、正面からウヴォーと対峙した。

ウヴォーギン「おっ、陰獣のおでましか」

ヤムチャ「ああ、オレは陰獣のヤムチャだ」

ヤムチャ「おまえをとらえに来た。よろしくな」

ノブナガ「ウヴォーに正面から挑みに来るたぁな」

シズク「ただのバカなのかな?」

シャルナーク「いや、それだけ自信があるってことかもしれない」

フェイタン「なんにせよあいつオワリね」

 

113: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:08:01 ID:pWKe3jUQ

ヤムチャ(崖の上にもいるのか……)

ウヴォーギン「おい、よそ見してると死ぬぜ」

ヤムチャ「ん? ああ悪いな」

 ヤムチャ、腰だめに構えをとる。

ヤムチャ「さ、どっからでもかかってこい!」

 

114: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:08:38 ID:pWKe3jUQ

ウヴォー「……てめぇ強化系か」

ヤムチャ「ああそうだ。なんでわかったんだ?」

ウヴォー「ハッ! 面白れェ! じゃあいっちょやりあうか!!」

 ウヴォーギンがオーラを纏ってヤムチャに突進した。
 繰り出された右拳は並の強化系なら硬で固めても即死するほどの威力を秘めている。
 それを、ヤムチャは正面から掌で受け止めた。

ウヴォー「何!?」

ヤムチャ「なるほど、確かに凄いパンチだな」

 

115: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:09:34 ID:pWKe3jUQ

 ヤムチャはウヴォーの手を払った。
 再び距離が開く。

ウヴォー「オレのパンチを片手で止めただと……」

ヤムチャ「手加減なんかする必要ないぞ! 全力でこい!」

ウヴォー「!!」

ノブナガ「ウヴォーのパンチを止めただと……」

シャルナーク「うーん、どういうことなんだろう。
       あいつ、オーラを纏っているようには見えないけど」

シズク「ヤバそうな感じ?」

マチ「すごくやな予感がするんだけど……」

フェイタン「ウヴォーも本気だすね」

 

116: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:10:07 ID:pWKe3jUQ

 ウヴォーの叫びと共に、体から圧倒的なオーラが発せられる。
 それがひとしきり爆発し終わると、ウヴォーギンの体を纏うように収縮した。

ヤムチャ「……」

ウヴォーギン「これがオレの100%だ。どうした、ビビったか?」

ヤムチャ「思ってたより強いな、正直びっくりしたぜ」

ウヴォーギン「ハッ! 言うじゃねぇか!!」

ウヴォーギン「『超破壊拳(ビッグバンインパクト)』!!!!」

 

117: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:10:57 ID:pWKe3jUQ

 ウヴォーギンは再び突進した。そのスピードは先程の比ではない。
 その拳は無防備なヤムチャの右頬をたたいた。
 爆発音が響き、その光景を見ている者は様々な表情を浮かべた。

 ある者は終わったとほくそえみ。

 ある者は圧倒的な破壊の力におののき。

 ある者は――。

 クラピカは――――微笑みを浮かべていた。

 

118: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:11:43 ID:pWKe3jUQ

ウヴォー「……バカな……」

ヤムチャ「いやーすげーパンチだ。結構痛かったぜ」

旅団たち「!!!!?????」

ノストラード組「!!!?」

クラピカ「さすがだ……。さすがはヤムチャだ」

 

119: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:12:49 ID:pWKe3jUQ

ウヴォー「そんなバカな……オレは間違いなく本気で撃ったぞ……」

ヤムチャ「おう、確かにすげー威力だったぜ」

ウヴォー「こんなことが……」

ウヴォー「う、うおおおおおおおおおお!!!!!」

 ウヴォーギンは狂ったように拳を振るった。
 それをヤムチャは涼しい顔で躱していく。

 

120: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:13:49 ID:pWKe3jUQ

シャルナーク「……」

ノブナガ「おいシャル! 何やってんだ……?」

マチ「何って、逃げるのさ」

ノブナガ「!?」

シズク「ウヴォーギンが正面から勝てそうにないなら、
    ここにいる誰もあの陰獣には勝てないでしょ?」

フェイタン「そういうことね、退くが正解よ」

ノブナガ「ふざっけんな!! ウヴォーが負けるかよ!!!」

ノブナガ「仮にウヴォーが勝てなくても、全員で掛かりゃあ……」

 

121: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:14:23 ID:pWKe3jUQ

シャルナーク「それはだめだ。陰獣は全員で10人いるんだよ」

マチ「ウヴォーと戦ってるやつ以外が、どこで狙ってるか分からないからね」

シャルナーク「あの男が陽動だったらどうするんだ?」

シャルナーク「オレたち全員があいつに釘付けにされてる間に、
       背後から『そういう』念能力で襲われたら」

フェイタン「最悪、全滅ね」

ノブナガ「くっ……」

マチ「一応……」ヒュッ

 

122: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:15:22 ID:pWKe3jUQ

ウヴォー「ハァッ……ハアッ……」

ヤムチャ「攻撃は終わりか? じゃあこっちから行くぜ」

ウヴォー「おめぇら!!!」

 ウヴォーは叫んだ。

ウヴォー「逃げろ!!!!」

 ヤムチャは察した。崖の上の気配が消えている。

 

123: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:15:56 ID:pWKe3jUQ

ヤムチャ「おまえ……」

ウヴォー「さ、これで何も気にせずやりあえるぜ……」

 そういうと、ウヴォーギンのオーラはさらに倍に膨れ上がった。
 誰かを守る時、誰かのために戦う時、ウヴォーギンはさらに強くなる。

 しかし――……

 

124: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:16:38 ID:pWKe3jUQ

ヤムチャ「……」

 ウヴォーが殴りかかる。
 ヤムチャはそれより速くウヴォーの懐に潜り込み、
 その腹にひじを撃った。

ウヴォー「がっ……!」

ヤムチャ「……」

 ウヴォーは気絶した。
 気絶したウヴォーを抱えて、ヤムチャはクラピカたちの所に行った。

 ――それでもなお、ヤムチャは強かった。

 

125: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:17:20 ID:pWKe3jUQ

ヤムチャ「……悪いクラピカ。他は逃げられちまった」

クラピカ「構わない。ありがとうヤムチャ」

ダルツォルネ「…………」

クラピカ「リーダー」

ダルツォルネ「……ん、ああ」

クラピカ「まずこの男はうちで預かりましょう。
     この男から情報を吐かせるだけ吐かせてみせます」

ダルツォルネ「え、いやしかしコミュニティに……」

ヤムチャ「あ、いいですよ。そっちはオレがなんとか連絡しとくから」

ダルツォルネ「ああ。わ、わかった……」

 そうして、クラピカたちはウヴォーギンを連れていった。

 

126: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:18:10 ID:pWKe3jUQ

病犬「……おい、ヤムチャ」

ヤムチャ「ん? ああごめんな。勝手に話を進めちゃって」

病犬「いや、そうじゃねーよ……」

病犬「おまえ……」

病犬「やるじゃねーか……」

 

127: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:18:40 ID:pWKe3jUQ

 ノストラードファミリーの隠れ家。
 ウヴォーギンは目を覚ました。

ダルツォルネ「これから何をされるかわかるな……?」

ウヴォー「おい……」

ウヴォー「あの道着の男はなにもんだ……?」

ダルツォルネ「質問をするのはこっちだ!!」

 

128: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:19:16 ID:pWKe3jUQ

 ノストラードはヴヴォーギンに拷問を試したが、
 彼の肉体とオーラによってすべて弾かれてしまう。
 ウヴォーは競売品の場所を聞き、またヤムチャのことを聞き、
 知らなければ命だけは助けると言った。

クラピカ「あの道着の男なら、わたしが知っている」

ダルツォルネ「クラピカ……!?」

クラピカ「彼の名はヤムチャ。わたしの念と武術の師だ」

ウヴォー「なんだと……」

クラピカ「取引をしよう」

 

129: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:19:46 ID:pWKe3jUQ

クラピカ「わたしと正々堂々正面から戦え」

クラピカ「わたしに勝てたのなら、彼がどこに住んでいて、
     なんの能力を持ち、なぜあんなに強いのかすべてを教える」

ウヴォー「……」

クラピカ「わたしが勝ったなら、ほかの旅団のメンバーについて、
     知っていることをすべて話してもらおう」

ウヴォー「……」

スクワラ「おいクラピカ……! 何考えてんだ!?」

クラピカ「おまえはヤムチャにリベンジしたいのだろう。
     だが弟子であるわたしを倒せないようなら、到底ヤムチャには勝てんぞ」

ウヴォー「おもしれー……」

 ウヴォーは神経ガスを吸っているにも関わらず、拘束具を破壊しながらその体を起こした。

ウヴォー「やってやろうじゃねぇか!」

 

130: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:20:17 ID:pWKe3jUQ

 ヨークシンの郊外の荒野――

クラピカ「殺した者たちのことを覚えているか?」

ウヴォー「少しはな」

クラピカ「クルタ族は?」

ウヴォー「なんだそりゃ?」

クラピカ「緋の眼を持つルクソ地方の少数民族だ」

ウヴォー「なるほど……つまるところ、おめーは復讐者ってわけか」

ウヴォー「あのヤムチャもそうなのか?」

クラピカ「彼は違う。これはわたし個人の復讐だ」

ウヴォー「」ニッ

 

131: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:20:51 ID:pWKe3jUQ

ウヴォー「これだから殺しはやめられねェ……」

クラピカ「クズが……」

 ウヴォーは最初からオーラを全開に纏った。
 あのヤムチャの弟子というクラピカ相手に、様子見などするつもりはない。

 その様子を、遠く双眼鏡でノストラードファミリーがうかがっている。

ウヴォー「手加減は無しだぜ! 『超破壊拳ビッグバンインパクト』!!」

クラピカ「……ッ!」

 クラピカはオーラを纏い、超破壊拳を左腕でガードした。
 骨は折れなかったが、肉がきしんだ。

ウヴォー「なるほど、確かにてめぇも強い! だがあいつ程じゃねェ!!」

 ウヴォーは激しいラッシュを繰り出した。
 守勢に回るクラピカ。ウヴォーは止まらない。

 

132: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:21:31 ID:pWKe3jUQ

バショウ「おいおいやべーんじゃねぇか……?」

スクワラ「おいどーすんだよ! クラピカがやられたら、
     あいつオレたちを殺しに来るぞ!!」

ダルツォルネ「クラピカ……っ!」

センリツ(クラピカ……あなた……)

センリツ(あなた、笑ってるの……?)

 

133: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:22:06 ID:pWKe3jUQ

 ウヴォーの右腕を、クラピカが掴んだ。
 返しに打たれる左腕も同様に。

 均衡が訪れる。 

ウヴォー「なに……?」

クラピカ「絶対時間の使用も考えていたが……」

クラピカ「どうやら、その必要はなさそうだ」

 

134: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:22:37 ID:pWKe3jUQ

 クラピカは右腕を放すと拳を造り、
 それにオーラを纏わせた。それは念のオーラと気を混ぜたものだ。

 吸い込まれるようにウヴォーの腹に直撃したそれは、
 ウヴォーの口から血を噴出させた。

ウヴォー「おぐっ!!」

クラピカ「ふっ!」

 前かがみになったウヴォーギンの横顔を裏拳で薙ぎ払う。
 ウヴォーは横に吹き飛び崖にぶつかった。

 

135: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:23:33 ID:pWKe3jUQ

ウヴォー「てめぇ……操作系じゃなかったのか……!?」

クラピカ「鎖のことか? それなら正解だ。わたしは強化系ではない」

ウヴォー「なんだと!?」

ウヴォー(強化系じゃないのにこの打撃力とタフさ……)

ウヴォー(間違いなく強化系を極めたオレ以上だぞ……)

ウヴォー(いや……あの男の弟子だ。考えを改めろ!)

ウヴォー(既存の概念を捨てろ! 全力をだせ! ウヴォーギン!!)

 しかし、クラピカの打撃は速く、強く、重かった。
 ウヴォーは成すすべなく殴られていった。

 

136: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:24:07 ID:pWKe3jUQ

クラピカ「どんな気分だ」

 クラピカの拳がウヴォーの右腕を砕いた。

クラピカ「どんな気分だ。圧倒的な力で蹂躙される気分は……」

 クラピカの蹴りは右足を破壊した。ウヴォーが崩れ落ちた。

クラピカ「わたしは不愉快だ……」

 顔を挙げたウヴォーに拳を見舞う。頭蓋骨にが割れて出血する。

クラピカ「肉を殴る感触も、圧倒的弱者をいたぶる感覚も……!」

クラピカ「なぜお前たちは何も感じることなくこんなことができるんだ!!」

 顎にアッパーを打ち込んだ。ウヴォーは大きくのけぞって倒れた。
 顎の骨が砕け、口からとめどなく出血した。
 自身の血に溺れるがごとく、ウヴォーの呼吸が弱まった。

 

137: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:24:42 ID:pWKe3jUQ

 クラピカは一歩踏み出した。

ダルツォルネ「落ち着けクラピカ!! 殺すな!!!」

 いつの間にか近くまで来ていたダルツォルネが、クラピカを羽交い絞めにした。

スクワラ「まだ情報を聞き出してねぇ! 殺すな!!」

バショウ「落ち着けってクラピカ!!」

クラピカ「……」

 しかし、クラピカの足は止まらない。

 と、ふと音楽が流れた。
 それはクラピカ達に花が咲き乱れる草原を見せた。

 

138: ◆seQBwpiAy2 2019/04/25(木) 15:25:17 ID:pWKe3jUQ

クラピカ「……!」

ダルツォルネ「……これは!?」

センリツ「みんな、少し落ち着きましょ」

クラピカの足が止まった。

クラピカ(センリツ、ありがとう)

センリツ(いいわ。大丈夫よ)

 瀕死のウヴォーギンを、ノストラードファミリーは
 再び隠れ家に運び込んだ。

 

161: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 12:51:39 ID:aIojtFy2

クラピカ「…………」

センリツ「クラピカ……」

 気絶したウヴォーギンを前に、クラピカとセンリツが座っていた。
 見た目的には死んでいそうなウヴォーギンだったが、強化系の治癒力は侮れない。
 コミニュティへの引き渡しが完了するまで、万が一暴れ出したときにはまた、
 クラピカが止める、という約束をかわしていた。
 しかし暗い表情で了承するクラピカの心音が、
 ただならぬ雑音に包まれていることをセンリツは悟り、
 二人で見張りをすると言ったのだった。

センリツ「複雑ね」

クラピカ「……」 

センリツ「自分は復讐のために力を磨き上げた」

センリツ「でも、どこまで力を高めても、『敵わないんじゃないか』と思っていた」

 

162: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 12:52:12 ID:aIojtFy2

センリツ「それが、いざ戦ってみると、あっけないほどに勝ってしまった」

クラピカ「……」

センリツ「……クラピカ」

 クラピカは答えなかった。そうだ、あっけないほどに勝ってしまった。
 目の前の男が、自分には到底及ばないことが分かってしまった。
 その瞬間、頬に自然と笑みが漏れた。
 それが、今のクラピカには信じられないことだった。
 その瞬間の記憶を何度も思い返すと、心にどす黒い何かが落ちた。

 雑音はより深いノイズへと昇華し、センリツの意識を集めた。

 

163: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 12:52:43 ID:aIojtFy2

クラピカ「私は……」

センリツ「……」

クラピカ「これを……望んでいたはずだ」

センリツ「……それが本当かは」

センリツ「本当に望んでいたかは、アナタ自身が、……もうわかってる」

クラピカ「……」

センリツ「……でしょう?」

クラピカ「!!」

 クラピカはいてもたってもいられずに立ち上がった。
 椅子が倒れてガダッと音がした。
 センリツは落ち着いていた。
 クラピカはセンリツを見下ろした。

 

164: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 12:53:17 ID:aIojtFy2

クラピカ「私は私の一族の無念を晴らすために復讐を誓った!!」

クラピカ「そのためなら何でもしようと……悪魔に魂も売ろうと覚悟していた!!」

クラピカ「……それが。それがこんな……っ!」

センリツ「……」

 センリツはクラピカにかける言葉が見つからなかった。
 代わりに、恐ろしい音を聞き取った。

センリツ「……! 誰か来るわ!!」

クラピカ「……コミニュティの人間だろう?」

 センリツは頭を振った。

センリツ「違う……! この足音は……!!」

 

165: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 12:54:04 ID:aIojtFy2

クラピカ「!!」

 そこまで聞いて、クラピカは悟った。
 そしてウボォーの体を『凝』で探る。
 その太もも辺りから、光り輝く筋が見えた。

クラピカ「しまっ……!!」

 怒りに飲まれた自分を叱責した。
 こんな簡単なことに気付かないなんて……!

 扉が開いた。スーツ姿の男女がぞろぞろと部屋に乗り込んできた。

 

166: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 12:54:54 ID:aIojtFy2

ノブナガ「ウボォー!!」

フィンクス「おいおい、なんてザマだ」

マチ「糸つけておいて正解だったね」

シャルナーク「そこの二人は、ウボォーをさらったマフィアだね」

クラピカ「……っ!」

センリツ「クラピカ……!!」

 

167: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 12:55:38 ID:aIojtFy2

フィンクス「あの道着の男はいねぇのか」

シャルナーク「まぁあいつは陰獣だろうしね。こいつらノストラードっていう中堅マフィアだし」

シズク「……あれ? だったらなんでウボォーがここにいるんだろう?」

シャルナーク「それ俺も疑問だったんだ。こいつら十老頭の直下の組織なのかな?」

ノブナガ「今はそんなことどうでもいいだろが!」

ノブナガ「よォ、てめぇら覚悟はできてるか?」

ノブナガ「出来てるよなァ? マフィアならよォ?」

クラピカ「くっ……!」

 クラピカは思考する。
 おそらく自分の力なら、ここにいるクモのメンバーを皆殺しにすることはできる。
 だが確実ではない。
 「念」は「気」と比べると、練りだせる単なるオーラ……パワーでは大きく劣る。
 しかし、「念」には操作系や特質系のような、相手の強さやオーラの大きさに
 左右されない能力が存在しているのだ。
 目の前のクモたちは、戦闘力では全く自分に及ばない。それは確かだ。
 しかし、有している念能力が不明な以上。下手を打つわけにはいかない。

 なぜなら……

 

168: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 12:56:15 ID:aIojtFy2

センリツ「く、クラピカ……」

 ここにはセンリツが、向こうのホテルにはダルツォルネを始めとする
 ファミリーの面々がいるからだ。
 ここで戦いを始めれば、間違いなく庇い切れずセンリツは死ぬだろう。

クラピカ「……ッ!」

 クラピカは、あるいは思考の沼にハマりかけていた。
 じっとりと汗が頬伝った。心音を聞かずとも、
 センリツにはクラピカの動揺が見て取れた。

 その時、助けは意外なところから降りてきた。

 

169: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 12:56:52 ID:aIojtFy2

ウボォー「おい、やめろ……」

ノブナガ「! ウボォー! 目を覚ましたか!」

マチ「さすが強化系バカ。回復が早いね」

シャルナーク「やめろ、って。どういうことだウボォー?」

ウボォー「言葉通りの意味だ。そいつと戦うのはやめろ」

ノブナガ「ああん!? おまえどうしたんだよ!? 
     こんだけヤられといて見逃すのかよ!?」

ウボォー「いいから黙って言うことを聞け!!」

旅団たち「!!」

 

170: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 12:57:26 ID:aIojtFy2

ウボォー「おい、鎖野郎……」

クラピカ「……」

ウボォー「取引だ。俺とコイツらを見逃せ。そうしたらここでおっぱじめるのはやめる」

マチ「アンタ何言って……」

ウボォー「ここでやりあえば、そりゃあ俺たちはお前に殺されるだろうよ」

シズク「そうなの?」

ウボォー「だが、代わりに隣の女は死ぬ。断言するぜ、俺たちはその女だけは殺す」

ウボォー「何があってもな」

ウボォー「お前としても、もう目の前で仲間が死ぬのは嫌だろう」

ウボォー「だから、俺たちを見逃せ……」

クラピカ「……ッ」

 ウボォーの眼はまっすぐにクラピカを射ぬいていた。
 クラピカは握った拳に汗がにじんでいくのを感じた。

 そして、彼は決断を下した。

 

171: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 12:57:58 ID:aIojtFy2

ダルツォツネ「クラピカ!!」

 部屋に飛び込んできたダルツォルネの眼に、呆然と立ち尽くすクラピカの姿が映った。
 その表情はいかんとも表現しがたい苦悶に歪み、唇を噛み過ぎて血が滴っていた。
 ダルツォルネは思わず言葉を詰まらせた。

センリツ「ごめんなさい……クモの男は連れていかれました……」

ダルツォルネ「……なんだと!?」

クラピカ「すみません……」

センリツ「ま、待ってください! 連中は5人で乗り込んできて、
     男を引き渡さなければ私たちは……」

センリツ「……いえ」

センリツ「クラピカ一人なら、彼らを捕えることもできました。
     私を助けるために……クラピカはあの男を渡したんです」

クラピカ「センリツ! それは違う……!!」

ダルツォルネ「……いや、よく無事だった」

ダルツォルネ「俺もやつらの戦闘力は見たんだ。俺たちとの力の差も……
       命を優先したお前たちを、責める気にはなれん……」

 

172: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 12:58:38 ID:aIojtFy2

クラピカ「許すと……」

ダルツォルネ「ああ。こうして生きてくれたから、有益な話を聞けるわけだしな」

クラピカ「いいんですか。もしかしたら私たちは既に操作系能力者に操られていて、
     内部から瓦解させるために生かされたのかもしれませんよ」

ダルツォルネ「いや、それはないだろう」

ダルツォルネ「俺たちはクラピカの強さも知っている」

ダルツォルネ「お前ほどの念能力者を操るなら、わざわざこんな回りくどい小細工をするより、
       もっと単純な命令で暴れさせる方がクモには有益なはずだ」

ダルツォルネ「例えば……目に入ったマフィアは片っ端から殺す、みたいなな」

ダルツォルネ「我々がお前を止めるためには残りの陰獣の投入も、
       下手すると戦争に用いるクラスの兵器が必要になるだろう」

クラピカ「残りの陰獣……?」

ダルツォルネ「逃げたクモの追討にあたった陰獣が全滅したんだ。事実上陰獣は半壊したのさ」

クラピカ「……」

ダルツォルネ「とにかく、ボスに報告だけはさせてもらう。
       軽い処罰は受けるだろうが、なに。俺も一緒に頭を下げてやる」

クラピカ「……ありがとうございます」

 

173: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 12:59:15 ID:aIojtFy2

  ――――旅団アジト

ノブナガ「どうだ? ウボォーの様子は」

シャルナーク「だめだね。一人にさせてくれって、座り込んでボーっと地面を見ながらダンマリだ」

マチ「しかたないさ。強化系力バカ一筋のアイツが、真正面からぶちのめされたんだ」

シズク「なぐさめてこようか? よしよしって」

フランクリン「やめとけシズク。余計に傷つく」

シズク「? なんで? 男の人ってそういうの好きなんじゃないの?」

フランクリン「…………」

フェイタン「とにかく、団長に報告ね」

シャルナーク「そうだね、それと予定を変える必要があるかもしれないし」

マチ「あの道着の男ね」

フィンクス「そうだ。他の陰獣は大したことなかったんだろ?」

フェイタン「そね。刺せば死んだね」

 

174: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 12:59:52 ID:aIojtFy2

シャルナーク「あの道着の男だけが別格の強さだったんだ。
       そして間違いなく、オークションの当日にはあの男が警備にいるだろうね」

フィンクス「ちとまずいかもな。なぁ、そいつはほんとにウボォーを正面から殴り倒したのか?
      なにか、特殊な念も使わずに?」

ノブナガ「ああ、それは間違いないと思うぜ。アイツの強さ、オーラの量がとにかくハンパじゃなかった」

シャルナーク「対抗できるとしたら俺がアンテナ刺すとか……」

マチ「ウボォーをタコ殴りにする奴にアンタのアンテナが刺さるとは思えないけどね」

シャルナーク「だよねー」

フランクリン「おい、お前らズレてるぞ」

 

175: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:01:03 ID:aIojtFy2

シズク「ズレてる?」

フランクリン「シャル。俺たちが今議論するべきは道着の男をどうするかじゃねぇ。
       『オークションを襲うか、やめるか』、だ」

シャルナーク「!」

フランクリン「道着の男が陰獣で、オークションの警備につくのはまず間違いねぇ」

フランクリン「となれば、下手すりゃお宝を手にできないばかりか」

フランクリン「俺たちの半数がそいつに殺される可能性だってある」

マチ「それは言いすぎじゃない?」

フランクリン「最悪のケースの話だ」

フランクリン「とにかく、『やる』なら道着の男をどうするか考えるが、
       『やめる』ならさっさとヨークシンから出る」

 

176: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:01:36 ID:aIojtFy2

ノブナガ「あぁん? フランクリン! 俺たちは幻影旅団だぜ?」

ノブナガ「ここまでやっといてケツ巻いて逃げるんじゃ」

ノブナガ「マフィアどもに一生笑われて終わるぞ!」

フランクリン「俺たちが最優先するべきはクモを生かすことだ」

ノブナガ「……ッ」

ヒソカ「……♦」(トランプパラパラ

シズク「あ、みんな団長が帰ってきたよ」

 

177: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:02:06 ID:aIojtFy2

クロロ「何があった?」

シャルナーク「団長、実は……」

 シャルナークはことのいきさつを話した。
 道着の男にウボォーが負けたこと、それを取り戻したこと。
 オークションを襲うか止めるかの話になっていたことを。

 クロロはじっと、黙って聞いていた。

 

178: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:02:38 ID:aIojtFy2

クロロ「ウボォー」

ウボォー「団長か……」

クロロ「お前、2回敗けたな」

ウボォー「!!」

ノブナガ「!? な、なに!?」

クロロ「言動から察するに、おそらくウボォーを監視していたその鎖野郎か」

ウボォー「……さすが団長。そうだ、俺は日に二度敗けちまった……」

クロロ「……」

ノブナガ「う、ウソだろウボォー!? 鎖野郎ってあの女みてーな顔した奴だろ……?」

ノブナガ「あ、あんな奴に負けるなんてよ……」

ウボォー「事実さ、ノブナガ……」

クロロ「パクノダ、ウボォーの記憶を読み取れ」

パクノダ「分かったわ」

 

179: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:03:27 ID:aIojtFy2

 ウボォーに触れたパクノダの脳裏に、記憶が鮮明に映り込む。
 パクノダは冷や汗がぶわっと噴き出した。

クロロ「どうだ」

パクノダ「信じられないけど、確かにその鎖野郎にウボォーは負けてるわ」

クロロ「……そうか」

パクノダ「鎖野郎は道着の男の弟子だって。師は私よりはるかに強いそうよ……」

パクノダ「ごめんなさい。めまいがするわ……」

クロロ「…………」

フランクリン「決まりだな、オークションは諦めよう」

ノブナガ「フランクリン! てめぇ……!!」

シャルナーク「仕方ないさ、ウヴォーギンを真っ向から倒せる奴が二人いるんだよ?」

ノブナガ「団長……!」

 

180: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:04:21 ID:aIojtFy2

クロロ「まだ保留する」

フランクリン「!?」

フランクリン「なに言ってる……団長」

クロロ「それより、この道着の男……こいつと話ができないだろうか」

フィンクス「何言ってんだ団長! 無理に決まってんだろ!!」

パクノダ「こいつは陰獣よ。プライベートはマフィアの上層部が握ってるはず。
     残念だけどそう簡単に会うことはできないと思うわ」

ヒソカ「その道着の男って、もしかしてヤムチャのことかい?♦」

旅団たち「!!!??」

 

181: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:05:58 ID:aIojtFy2

パクノダ「ヒソカ……なんでその名前を……!?」

ヒソカ「あ、やっぱり彼なんだね。だったらウヴォーギンを倒すのも納得だよ♣」

ノブナガ「ヒソカてめぇ……道着の男を知ってたのか……」

ヒソカ「まぁね。彼と僕はハンター試験の同期だからね❤」

ノブナガ「なん……だと……?」

クロロ「ヒソカ」

ヒソカ「んー?」

クロロ「そのヤムチャと言う男について知っていることを話せ」

ヒソカ「……」

ヒソカ「詳しくは僕も知らない」

ヒソカ「ただ、彼は圧倒的な強さを持っている」

ヒソカ「ハンター試験の最終試験。彼はハンター協会の会長……おっと、
    『元』会長のネテロと戦い実質勝利しているもの❤」

 

182: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:06:32 ID:aIojtFy2

シャルナーク「なんだって……!? ネテロに勝ってるのか!」

シズク「それっすごいことなの?」

シャルナーク「ネテロは人類最強と謳われる念能力者だ。それに勝っているなんて……」

シズク「そうなんだ、じゃあウボォーが勝てなくてもしょうがないね」

ウボォー「…………」

フランクリン「お前はホントに容赦ないな……」

シャルナーク「でもハンター試験に受かってるなら、サイトで顔ぐらい割り出せるはずだろ?
       出なかったよ。ヤムチャなんてやつは」

ヒソカ「実質勝ってる。って言ったろ?」

ヒソカ「試験自体は彼はネテロに降参して、ハンター試験は不合格だったからね♠」

ヒソカ「ただ、彼は試験が終わった後、ある男と行動を共にしていたハズ♦」

フィンクス「じゃあそいつを探し出せば……」

 

183: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:07:04 ID:aIojtFy2

クロロ「それがあの鎖野郎か」

ヒソカ「ご明察❤」

フィンクス「……じゃあどのみち難しいな」

ヒソカ「そうでもないよ♦」

ノブナガ「なんだよ、なんかあるならもったいぶらずに言えよ」

ヒソカ「彼には明確な弱点があるのさ♠」

 

184: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:07:48 ID:aIojtFy2

 安アパート―ヤムチャの家―

ヤムチャ「クラピカのやつ大分落ち込んでたな」

プーアル「仇の相手を逃がしちゃったんですよね」

ヤムチャ「うーん。でもその幻影旅団のやつには楽勝だったって話だし」

ヤムチャ「勝てたハズなのに勝てなかったってことだろ? それもキツイよな」

ヤムチャ「あんまり思いつめなきゃいいけど……」

プーアル「あ、ヤムチャさま。飲み物がなくなってますよ」

ヤムチャ「そっか。なら買いに行ってくる」

プーアル「ボクが行きますよ。ヤムチャさまは休んでてください」

ヤムチャ「ダメだプーアルはここにいろ。お前はこの世界では珍しいみたいだから、
     また前みたいに連れ去られかけたらタイヘンだからな」

 

185: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:08:21 ID:aIojtFy2

プーアル「はーい、わかりました」

ヤムチャ「ま、心配するなよ。下の売店に買いに行くだけだからな」

 そういってヤムチャは出て行った。
 仕方ないのでプーアルが食器の片づけをしていると、インターホンが鳴った。

プーアル「あれ? ヤムチャさま随分早かったですね~」

 プーアルは扉を開けた。そこにいたのはヤムチャではなかった。

プーアル「あ、あなたたち誰ですか……!?」

 

186: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:09:02 ID:aIojtFy2

ヤムチャ「ただいまー。いやー遅くなってわるい。ちょっと雑誌読んでてさー……」

ヤムチャ「プーアル……?」

ヤムチャ「ぷ、プーアルの気を感じない……!?」

 ヤムチャはテーブルの紙に気付いた。
 そこには
 『ペットを預った。返してほしければ取りに来い。幻影旅団より』
 と書いてあった。

ヤムチャ「……!!!」

 ヤムチャはホテルの窓から飛びあった。
 その顔はかつてない怒りが浮かんでいた。

 

187: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:10:10 ID:aIojtFy2

 ~旅団アジト~

プーアル「だせ! ここからだせー!!」

フィンクス「ほんとにこんなんで来るのかよ……」

 旅団が囲む鳥かご(コルトピ作)の中に、プーアルが閉じ込められていた。
 鳥かごには念が流してあり、柵に触れるとショックが行く仕組みだ。

ノブナガ「なんでオリにわざわざ念流してんだ?」

フィンクス「こうしとかねーとこいつ逃げ出すんだよ」

ノブナガ「あ? どういうこった?」

フィンクス「おい、おまえ」

プーアル「なんだっ! いまにおまえたちなんか、ヤムチャさまにコテンパンにされるぞ!!」

フィンクス「それはわかったよ。ほら、変身してみろ」

 

188: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:10:46 ID:aIojtFy2

プーアル「いやだっ!」

フィンクス「やれ!」

プーアル「……ううっ、変化っ!」

 POM! と音がして、プーアルの体は蠅になった。
 ノブナガは目を見開いた。

ノブナガ「なっ……!? こ、こいつ」

フィンクス「な? こいつ蠅とか蚊に変身して隙間から逃げるんだよ」

マチ「変化系の念能力……にしてはオーラが全く見えないし」

シャルナーク「質量や大きさも全く変化してるからね。明らかに念の基本理念に反してる。
       一応他人に変化する動物もいないこともないけど、こいつはちょっと桁が違う」

 

189: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:11:22 ID:aIojtFy2

ノブナガ「ひょっとしてコイツ自体相当の値打ちモンじゃねェか?」

プーアル「ひっ!?」

フランクリン「よせ。こいつは交渉材料だ。傷つけるんじゃねぇよ」

フィンクス「しかし、紙に地図は描かなかったんだろ?」

シャルナーク「下手にアジトをバラすのは得策じゃないからね。ましてや相手は陰獣だし」

コルトピ「ああっ!!?」

 

190: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:12:03 ID:aIojtFy2

 突如としてコルトピが叫んだ。
 その体がガタガタと震えている。
 今日この日、コルトピは周りのビル群をコピーして配置し、
 円の役割を持たせていた。

フィンクス「来たか!?」

コルトピ「こ、これは……!! だ、ダメだ!! みんな逃げなきゃ!!」

 コルトピが叫んだのとほぼ同時に、それ、は落ちてきた。

 

191: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:12:36 ID:aIojtFy2

 ビルの天井を突き破り、ガレキと日光を背景に「それ」が落ちてきた瞬間、
 「それ」から発せられたオーラに、旅団は各々の反応を示した。

 フィンクス、ノブナガ、フェイタンは飛びかかった。
 それは、目の前に現れた「それ」が、絶望的なまでのオーラを
 放っていたからだった。
 百戦錬磨の彼らは、誰もがそれを認めた瞬間に勝つことをあきらめたのだ。

 絶望を逡巡で押し流して、彼ら三人が我先に飛び出したのは、
 ほかのメンバーを逃がす時間を稼ぐ為の捨て石を選択したからだった。

 しかし、彼らは雷(いかづち)のごとき速度で三様に殴り飛ばされ、
 背後の鉄くずの中に突っ込んでいった。
 フェイタンは腹を撃ち抜かれ「く」の字に折れ曲がって気絶した。
 ノブナガは顎に一撃をもらい鉄くずの上に仰向けに大の字となった。
 辛うじてフィンクスは腕を殴られたため
 (ガードしたのではなく、たまたまふりかぶっていた腕に当たった)、
 気絶はしなかったが受けた腕は砕けて千切れかけ、その衝撃は彼の内臓をずたずたにした。
 あまりの激痛に血と吐瀉物をまき散らして地面をもがいた。

 その攻撃は、ヒソカを除いた旅団の誰もが知覚することさえできなかった。

ヒソカ(ああ……❤)

 ヒソカはその攻防の瞬間絶頂に至りかけた。しかし、ぐっとこらえた。
 彼にはそれは大変苦痛であったが、一応体裁もあった。
 『まだ』ここで爆発するわけにはいかない。

 

192: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:13:06 ID:aIojtFy2

ヤムチャ「プーアルを返せ!!! 幻影旅団!!!」

 ヤムチャは叫んだ。
 惑星を破壊してもなお有り余るほどの戦闘力は、
 怒りを伴ってオーラとなり、その空間を支配した。

 

193: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:13:44 ID:aIojtFy2

シャルナーク(こ、これは……ッ)

マチ「……!!」

シズク(ああ私、ここで死ぬんだなぁ)

ヒソカ「」ニコニコ

パクノダ(う、動けない……何このオーラの量……!?
    こ、コレと戦うつもりだったの……? 
    わ、私たちは、な、なんてバカな選択を……
    これはもう、国家クラスの武力でも足りない……!!)

プーアル「ヤムチャさまー!!」

フランクリン「お、おっと。待ちな兄さん」

 ヤムチャの歩みをフランクリンがとめた。
 その額からは油汗がドロドロと流れている。

フランクリン「そのペットのオリには念を仕掛けていてな」

フランクリン「俺、マチ、シズク、シャルの誰か一人でも傷ついたら
       オリの中にオーラが流れて中の生物を殺す仕組みだ」

ヤムチャ「なに……!?」

 

194: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:14:15 ID:aIojtFy2

フランクリン「俺たちはなにもアンタと戦う気はさらさらねぇ。
       あのペットをいたずらに傷つける気もねぇ」

フランクリン「団長がアンタと話したがってたから、こうしたまでだ」

フランクリン「そこをわかってくれ」

ヤムチャ「……」

シャルナーク(ふ、フランクリン。いくらなんでも嘘が稚拙すぎるよ……)

マチ(仮にそれを信じたとして、この男ならオリを無理やり破壊して
   念が流れるより早く動けるだろ……)

シズク(うーん。やっぱり今日死ぬのかなぁ?)

ヤムチャ「分かった」

旅団たち「!!!!???」

 

195: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:14:49 ID:aIojtFy2

マチ(え? 信じた? え? なに……?)

シャルナーク(な、何かの罠……? 油断させる作戦……??)

パクノダ(いや、この男の力ならそんな作戦たてる必要はないはず……)

シャルナーク(ま、まさかこの男信じたのか……本当に!?)

フランクリン「わ、分かってくれて嬉しいよ(ホッ」

フランクリン(一か八かのクソみてーな嘘だったが、なんとかなったか……)

フランクリン「一応団長が来るまではペットはオリに入れておく」

フランクリン「いくらアンタが速くて強くても、俺ら4人が同時に傷つくのは
       止められないはずだ。おとなしくしててくれ。何もしないからよ」

ヤムチャ「…………」

 ヤムチャは部屋の中央に立った。
 旅団たちは気が気ではなかった。
 一人、ヒソカだけが上機嫌に笑っていた。

 

196: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:15:31 ID:aIojtFy2

ウボォー「よぉ」

ヤムチャ「おまえは……そうか、クラピカから逃げたんだったな」

ウボォー「まぁな」

ウボォー「……なぁ、アンタ」

ヤムチャ「ん?」

ウボォー「アンタ、なんでそんなに強いんだ?」

ヤムチャ「死ぬほど修行したからな」

ウボォー「それだけか……?」

 

197: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:16:05 ID:aIojtFy2

ヤムチャ「……あと一回死んだ(ボソッ)」

ウボォー「ん? 今なんつった?」

ヤムチャ「き、きくなっ!!」

ウボォー「なぁ、俺もアンタぐらい強くなれるかな」

ヤムチャ「さぁな」

ウボォー「……否定はしねぇんだな」

ヤムチャ「…………」

ウボォー「」(ニッ)

 

198: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:16:40 ID:aIojtFy2

ヒソカ「やっ、久しぶり❤」

ヤムチャ「ひ、ヒソカ!? おまえも旅団なのか!?」

ヒソカ「『一応』ね。安心してよ。プーアルには一切手出しさせないし、してないから♦」

ヤムチャ「ほんとだろうな……」

ヒソカ「ホントだよ~。キミの強さを知っている僕が、
    キミを怒らせるようなマネするわけないだろ?❤」

ヤムチャ「う、うそくせー」

ヒソカ「ひどいなぁ♠」

ヤムチャ「あっ! ていうかプーアルのこと教えたのお前だな!?」

ヒソカ「さぁてね? なんのことかなぁ♠」

ヤムチャ「くっ、このやろー……!」

 

199: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:17:10 ID:aIojtFy2

 しばらくののち、クロロが帰ってきた。

クロロ「そいつか」

ヤムチャ(こいつが、幻影旅団の親玉か)

クロロ「俺とパク以外、外で待ってろ」

ノブナガ「だ、団長……それは……」

クロロ「命令だ」

ヤムチャ「…………」

シャルナーク「だめだ! いくら団長の命令でも聞けない!」

クロロ「ふむ、そうか……」

 クロロはパクノダに耳打ちした。
 パクノダの眼が見開かれた。驚きだった。

 

200: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:17:55 ID:aIojtFy2

クロロ「俺がヤムチャに聞きたいことはパクに教えた」

クロロ「ノブナガ」

ノブナガ「な、なんだよ」

クロロ「俺の首を斬れ」

ノブナガ「!!?」

ヤムチャ「な……!?」

 

201: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:18:31 ID:aIojtFy2

クロロ「この男はおそらく、この地上で最強の生物だ」

クロロ「本来俺たちなど瞬きの間に皆殺しにできるだろう。だが、
    この男は『それをしていない』。なぜなら、お前たちがまだ生きているからな」

クロロ「その男の誠意に対し、俺たちが誠意を示すにはこれしかない」

ノブナガ「で、でもよ……!」

クロロ「頭が死んだ程度ではクモは死なない」

クロロ「だが、文字通り皆殺しになれば終わりだ」

クロロ「俺一人の命、安いもんさ」

ノブナガ「……わかったよ」

 

202: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:19:02 ID:aIojtFy2

 ノブナガは刀を抜いた。クロロは目をつむった。
 そして、クロロの首に刀が振るわれた。

ヤムチャ「やめろ……!」

 首と刀の間に、ヤムチャの手が割って入った。
 オーラを纏ったその手はノブナガの抜き打ちを容易く止めた。
 ヤムチャの動きを見切れた者は、やはりヒソカと、クロロだけであった。

クロロ「……」

ノブナガ「なっ……」

ヤムチャ「話はしてやる……だから命を無駄にするな!」

 クロロは誰にも気づかれない程度に、ほんのわずかに口角を持ち上げた。

 

203: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:19:37 ID:aIojtFy2

 クロロはパクノダに命じて椅子を二脚持ってきた。
 そして、ヤムチャとクロロは対座した。

ヤムチャ(なんだ……この男)

ヤムチャ(間違いなく戦闘力は俺より低い。他の奴らと大差ない)

ヤムチャ(なのに、なんだこの……)

クロロ「パク」

 

204: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:20:07 ID:aIojtFy2

 クロロは鳥かごからプーアルを出して、パクノダに持たせた。
 プーアルがジタバタと暴れたが、さすがに抑え込まれた。

ヤムチャ「プーアル! や、約束が違うぞ!」

クロロ「一応の保険、だ。遠巻きでもさっきの一合でも
    おまえの力はイヤ程理解させられた。
    なんの担保もなしに話し合いはできない」

パクノダ「心配しないで、絶対に傷つけないわ」

クロロ「いくつか質問させてくれ。答えたくないものは言えない、でいい」

ヤムチャ「……」

パクノダ「……」

 クロロはゆっくり口を開いた。

 

205: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:20:54 ID:aIojtFy2

クロロ「まず、お前は何者だ。どこから来た……」

ヤムチャ「ど……どういう意味だよ」

クロロ「俺には、お前はどうもこの世界の生物には思えない。
    ウボォーはおろか、あのネテロを倒すような人間が、
    俺たちやハンター協会に全く知られず、突然現れた。
    かといって、暗黒大陸から来たとも思えない」

クロロ「これはどういうことだ? 俺には、お前はまるで神話の……
    神が下界に遣わした戦天使に思える」

クロロ「……あるいは」

クロロ「何者かが『この世界』に何かをもたらすために送り込んだ、
    『機械仕掛けの神』に思えて仕方がないんだ」

 

206: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:21:35 ID:aIojtFy2

ヤムチャ「……言えない。答えられない……」

パクノダ「……!」

クロロ「そうか……。では次だ。お前の力は念能力じゃないな?」

ヤムチャ「!」

パクノダ「!!」

クロロ「それが『何か』であることは今はどうでもいい。興味はない。
    俺はただ、それが俺の知らない『何か』であることを知りたかったが……」

クロロ「その反応を見るに、正解のようだ」

ヤムチャ「……っ!!」

 クロロの黒い瞳が、じっとヤムチャを見つめていた。
 ヤムチャはぞっとした。

 

207: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:22:19 ID:aIojtFy2

ヤムチャ(こいつ……なんなんだ……この威圧感は)

ヤムチャ(まるで心臓を直接握られているような……)

ヤムチャ(頭を切り開いて直接のぞかれているような……)

 ヤムチャはどうしようもない嫌悪感を感じていた。
 今まで数々の強者と出会ってきたヤムチャだったが、
 クロロのようなタイプは初めてであった。
 ヤムチャの理解できない強さを、クロロは持っていた。

クロロ「もう十分だ。パク、そいつを放してやれ」

パクノダ「え? あ。わ、わかったわ……」

 

208: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:22:50 ID:aIojtFy2

 解放されたプーアルはヤムチャの胸に飛び込んだ。

プーアル「ヤムチャさまー!!」

ヤムチャ「プーアル! すまない! 怖かっただろう?」

プーアル「いえ! ヤムチャさまが必ず助けてくれると
     信じてましたから!」

 ヤムチャはクロロを見た。

 

209: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:23:22 ID:aIojtFy2

クロロ「俺たちはもう、俺たちからはお前には関わらない」

クロロ「こんなことを言うのは変な話だが……出会えてよかった」

 ヤムチャたちは落ちてきた穴から飛び去った。
 クロロはそれを見上げていた。
 ヤムチャの姿が見えなくなっても、しばらく見上げていた。

クロロ「パク」

クロロ「記憶弾(メモリーボム)を俺に撃て」

 パクノダの手に、念によってつくられたリボルバーが握られた。
 そして、クロロの額に弾丸が撃ち込まれた。

 

210: ◆seQBwpiAy2 2019/09/17(火) 13:25:09 ID:aIojtFy2
前編終了です。思ったより長くなってごめんなさい
後編は「ヤムチャ&陰獣+クラピカvs幻影旅団」の予定です
ほどほどに楽しみにして頂けると幸いです

 

引用元: ・https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1547534925/

おすすめ記事
おすすめ記事2